1. TOP
  2. 借りる
  3. クレジットカード
  4. 突然のクレジットカードの利用停止!その3つの原因と理由

突然のクレジットカードの利用停止!その3つの原因と理由

クレジットカード 借りる この記事は約 5 分で読めます。
クレジットカードの利用停止

クレジットカードを考えて使わないと、危険なのが突然の利用停止です。
ある日、突然クレジットカードが使えなくなって、資金繰りがショートしてしまう。
普段の買い物なんかをクレジットカードに依存してる方はピンチですし、毎月の自動引き落としを登録してたら、再登録がかなり面倒になります。
このクレジットカードの突然の利用停止、なぜ起こるのか知っていますか?
原因を知らないと、対策も打ちようもありませんよね。
どんな状況で利用停止になるのか、その理由とパターンをお伝えしますので、軽く頭に入れておいてください。

クレジットカードが突然利用停止になる理由

クレジットカードが突然利用停止になってしまう原因は大きく分けて2つありあます。
その理由とは、下記の2つです。

  • 利用代金の未払い・遅延
  • クレジットカードの不正利用

これらの原因について、どんな理由なのか掘り下げていきます。
まだクレジットカードの利用停止されていない人は、この原因に気をつけてください。
すでに利用停止されてしまった人は、何故自分のクレジットカードが利用停止になったのか、その原因を確認しておきましょう。

クレジットカードの利用代金未払い・遅延

使っている時は頭から抜けてしまいがちですが、クレジットカードはカード会社からお金を借りて買い物をしています。
そのため、借りたお金をちゃんと返していなかったり、返すのが送れることが続くと。カードの利用を止められてしまいます。
貸したお金が帰ってこない可能性があるのですから、当然といえば当然ですよね。
クレジットカードが突然利用停止になるのは、大部分がこちらのパターンです。
昔、消費者金融のCMで謳っていたように、クレジットカードを使うときにも「ご利用は計画的に」を心がけるようにしましょう。

また故意にではなかったとしても、クレジットカードの請求先口座の残高が足りなかったりすると、引き落としができません。
そうなると、カード会社としては「この人は資金繰りに困っている」と判断し、利用停止にする事も。
通常、資金繰りに問題がなかったとしても、このタイミングで決済に失敗してしまうだけで、クレジットカードが利用停止になる事もあるのです。
手帳やスケジュール帳に、カードの決済日を記入しておいて、必ず頭に入れるようにしておきましょう。

クレジットカードの不正利用

クレジットカードを作成する際に、規約を確認させられたかと思います。
クレジットカードの利用には、それに則った規約に従う必要があります。
この規約を破ってしまった場合は、当然ながらクレジットカードを利用停止にされてしまいます。

換金性の高いものをクレジットカードで大量購入

たとえば多い例が、回数券や切手などの大量購入です。
これらは換金性が高く、クレジットカードの換金禁止という利用規約に反していると疑われてしまいます。
もちろん単に必要だから購入した、というケースもあるでしょうが、疑わしきは罰せられてしまいます。
クレジットカードで買い物をする際は気をつけてください。

普段使わない場所でのクレジットカード利用

このケースで特に多いのが、海外でのクレジット利用です。
海外での買い物が悪い、というわけではなく、カードの盗難などを心配されての措置です。
また気をつけなければいけないのが、現地で買い物をするだけでなく、海外サイトで買い物をする場合も同様の危険性があります。

本人以外のクレジットカード利用

このパターンも以外にありますが、本人以外はクレジットを使うことはできません。
もし第三者に貸していることなどが発覚すると、貸したクレジットカードの利用を停止される可能性もあります。
家族だから大丈夫と考えていると、このケースの利用停止になることも。
もし家族にもクレジットカードを使わせたいのであれば、家族カードなどを申し込むようにしましょう。

なぜクレジットカードを突然利用停止にするのか

クレジットカードを発行しているカード会社は、要するに金貸し業です。
ということは、貸したはずのお金が返ってこないリスクが高いと思ったら、お金を貸したくなくなりますよね。
そのため、危ないとカード会社が判断した人には、有無を言わさずクレジットカードを利用停止にするのです。

またそういった事情以外にも、「利用者を保護する」という目的で、クレジットカードを利用停止にすることもあります。
盗難などによって、意図しない損害を利用者が被ることを防ぐ、という目的もあります。
限度額いっぱいまで勝手に使われてしまっては、クレジットカード利用者の損害も馬鹿になりませんからね。

自社のためとクレジットカード利用者のため、という2つの面から利用停止の措置をとるのです。
不満もあるかもしれませんが、そういうものだと割りきって、利用停止にされないように気をつけて使っていきましょう。

クレジットカード利用停止のリスク

クレジットカードが利用停止になってしまっても、「他のカード会社で作れば良いや!」なんて気軽に考えている人もいるかもしれません。
ですが、この考え方は間違っています。
カード会社は、利用者の情報を同業社内で共有し合っているので、いわゆるブラックリスト入りしてしまうのです。
利用停止になってしまい、自分の信用情報が汚れてしまったら、他の会社でクレジットカードを作るのも難しくなり、最終的には利用できなくなってしまいます。
また、運良くクレジットカードを作れたとしても、有効期限切れ時に更新をすることができず、結局使えなくなる事も。

クレジットカードの利用停止は、あまり甘く考えずに「絶対に利用停止を阻止する」くらいの気持ちで、クレジットカードを使うようにしていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。クレジットカードの利用停止の理由やパターン、覚えられたでしょうか。
基本的には「ちゃんと金を返済しない人」か「怪しい使い方をしている人」のクレジットカードが利用停止になります。
逆を言えば、この点を注意しておけば、そうそう利用停止にはなりません。
無理な使い方をせずに、クレジットカードは考えて使うようにしましょう。
そうすれば、利用停止になることもなく、問題なく使えるはずですよ。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

モアマネーの注目記事を受け取ろう

クレジットカードの利用停止

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モアマネーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事に関連する情報はこちら

  • クレジットカードで節約!上手に使う6つのポイント

  • 東京電力へはクレジットカードで!得する電気代の支払い方2パターン

  • 水道料金はクレジットカードで!ケース別のお得な支払い方をご紹介

  • クレジットヒストリーはカード作成に重要!評価を高める7個の秘訣

  • クレジットカードでマイルを効率的に貯める、たった5つのコツ

  • 海外でのキャッシングはクレジットカードが得!?テクニックと注意点