1. TOP
  2. 借りる
  3. クレジットカード
  4. クレジットカードの利用限度額とは?上げるための3つのポイント

クレジットカードの利用限度額とは?上げるための3つのポイント

クレジットカード 借りる この記事は約 7 分で読めます。
クレジットカードの利用限度額

クレジットカードの利用限度額は、ちゃんと頭に入ってますか?
なにかとクレジットカードを使う機会が多いのであれば、利用限度額まで使ってしまって、これ以上買い物ができないなんて経験もあるんじゃないでしょうか?
クレジットカードを使うなら、利用限度額の把握は絶対に必須です。
そもそも利用限度額とは何か分からない、という人のために念の為にこちらでご紹介していきます。
ついでにたくさん買い物ができるように、クレジットカードの利用限度額の上げ方まで覚えておくと良いですよ。

Sponsored Link

クレジットカードの利用限度額とは

クレジットカードの利用限度額というのは、文字通りクレジットカードで買い物ができる金額のことです。
この利用限度額までは自由に買い物ができますが、設定された金額に到達すると、それ以上の買い物ができなくなってしまいます。
クレジットカードは基本的に1ヶ月ごとのまとめ払い形式ですので、支払いが完了すれば、払った分だけ利用限度額も回復します。
つまりクレジットカードの利用限度額とは、トータルでクレジットカードを利用できる合計金額というイメージです。

利用限度額についての注意点

クレジットカードの利用限度額は、支払いが済んだら即回復するというわけではありません。
支払い後、回復までに数日かかることが多いです。
そのため、クレジットカードを使わなければいけない事が分かっている場合は、ギリギリまで使うべきではありません。
少しクレジットカードの利用限度額に余裕を持たせておきましょう。

利用限度額を上げる方法

クレジットカードを使う上で、ある意味で最重要なポイントである利用限度額。
使う、使わないは別として、利用限度額は上げておきたいですよね。
そこで、クレジットカードの利用限度額を上げるための3つの方法をご紹介します。

カード会社に申請する

クレジットカードを発行している会社によっては、ネット上に会員サイトを持っているところも多いです。
そういう会社のクレジットカードを使っている場合、会員サイトの中に利用限度額の引き上げフォームがあるので、そこから利用限度額の引き上げを申請しましょう。
この方法でクレジットカードの利用限度額を上げるためには、引き上げのための審査が入ります。
そのため100%利用限度額を上げられるわけではないので、注意が必要です。

またネット上の会員サイトだけでなく、電話からでも利用限度額の引き上げ申請を行うこともできます。
電話の場合もネットと同じように、利用限度額の引き上げには審査が必要になります。
現在の収支の状況として、難しそうだと思ったら、その時は見送りましょう。

利用利用額を一時的に上げる

海外旅行に行くなど、特別な事情がある場合は一時的にクレジットカードの利用限度額を引き上げてもらう事もできます。
日本と比べ、海外ではクレジットカードの利用ケースが多く、わざわざ両替する必要もないので、自然といつもより多くクレジットカードを使う事になるでしょう。
そんな場合、すぐに利用限度額に届いてしまうと思いますので、一時的な利用限度額の引き上げを利用しましょう。
この一時的な利用限度額の引き上げも、会員専用サイトや電話で簡単に申し込むことができます。
せっかくの海外旅行を、クレジットカードの利用限度額のせいで十分に楽しめないというのは、持たいないですからね。
一時的な利用限度額の引き上げ制度は、ぜひとも活用してください。

勝手に上がる

自分から能動的に、クレジットカードの利用限度額を引き上げようとしなくても、勝手に上がる事もあります。
これはカード会社がそれぞれのクレジットカードの利用状況を見て、信頼が積み重なってきたと判断されれば引き上げてもらえるのです。
ちなみに、このクレジットカードの利用限度額が上がる際は、特別な連絡などはきません。
文字通り「勝手に」利用限度額が上がるので、明細書は毎月確認するようにしましょう。

利用限度額を上げるコツ

上記のクレジットカードの利用限度額を上げる方法を踏まえて、審査に通りやすくしたり、勝手に上がりやすくするコツをご紹介します。
もし今よりもクレジットカードの利用限度額を上げたいと思っているのであれば、これらのコツを実践してみると良いでしょう。

クレジットカードでの支払いを増やす

クレジットカードの利用限度額を上げたいのであれば、信頼を積み重ねる事が大切です。
最も簡単な信頼の積み重ね方は、たくさんクレジットカードを使うこと。
大量に買い物をして、請求された金額を確実に払っていくことで「支払いに問題がない人物」だという信頼を重ねていくのです。
裏を返せば、クレジットカードを作ったばかりのひとは、本当に使った分を返してくれるかがカード会社としても分かりません。
そのため、信頼がまだ無いと判断されて、利用限度額が低く設定されているのです。
「信頼を重ねる」という事を意識して、クレジットカードの利用と確実な返済を繰り返していきましょう。

限度額の幅を少しずつ上げる

クレジットカードの利用限度額の引き上げ申請をすることで、ある程度の利用限度額は引き上げてもらえます。
しかしこの時に、利用限度額の金額を大幅に引き上げようとすると、申請が通らない事が多いです。
現在、30万円までの利用限度額の人が100万円まで引き上げようとしても、カード会社は返済能力があるかを判断できず、申請を通しません。
まずは10万円単位で引き上げ申請をするなど、少しずつ利用限度額を引き上げるようにしましょう。

また、少しずつなら良いのかと思い、10万円を1ヶ月ごとになど頻繁に利用限度額の引き上げ申請を行うのも良くありません。
頻繁な利用限度額の引き上げ申請は、信用のマイナス要素になるため、1年毎に引き上げるくらいのペースが無難でしょう。

良い勤め先に努める

クレジットカードの信頼条件のひとつには、勤め先もあります。
「良い勤め先=収入が安定している」ということで
返済能力があるかどうかの良い指標になるのでしょう。

学生から大手企業へ就職したり
転職で大手企業に移ったりした場合は
クレジットカードの利用限度額の引き上げを打診してみても良いかもしれません。
普通、中小企業であれば20万円の利用限度額からスタートなのに対し、大企業の場合は100万円からスタートというケースも。

ちなみに良い会社だったとしても、中小企業の場合は利用限度額の引き上げが難しい事も。
理由としては、外部からどれくらい安定しているのかが見えづらいためです。
大手企業であれば、そのブランド力などから経済状況の良し悪しがある程度見えるので、判断しやすいのでしょう。
逆に中小企業で知名度がなければ、特別な調査機関などを利用しなければ財務状況の判断もできません。

利用限度額は下げることもできる

ここまで、クレジットカードの利用限度額を増やす事をお伝えしてきましたが、逆に利用限度額を減らすこともできます。
あまりにも使える額が大きいと、無駄遣いをしてしまいそうで怖い、などの場合は利用限度額を引き下げても良いかもしれません。
あるいは万が一、クレジットカードを不正利用された時の被害が怖いという方も考えてみてください。

一般的にはクレジットカードの利用限度額の下限は10万円となっています。
必要最小限の利用限度額に留めるのであれば、クレジットカードの利用限度額は10万円とし、キャッシング枠を0円とすると良いでしょう。
やり方は利用限度額を上げるときと同じように、電話などで問い合わせてみてください。

まとめ

クレジットカードの利用限度額について、ちゃんと理解できましたか?
要はクレジットカードで使える最大の合計金額ってことです。
この利用限度額は、クレジットカードを使えば使うほど増えてくるので、必要なヤツは支払いをクレジットカードへ集中させると良いでしょう。

とはいえ、このクレジットカードの利用限度額は、あくまで「使うことができる」金額です。
それをしっかり返せるかどうかは別問題なので、調子に乗ってクレジットカードを使い過ぎない事が大切です。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

モアマネーの注目記事を受け取ろう

クレジットカードの利用限度額

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モアマネーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事に関連する情報はこちら

  • クレジットヒストリーはカード作成に重要!評価を高める7個の秘訣

  • クレジットカードでのキャッシングは要注意!気をつけたい5つのポイント

  • 東京電力へはクレジットカードで!得する電気代の支払い方2パターン

  • クレジットカードで節約!上手に使う6つのポイント

  • 信用情報の回復に必要な期間・方法は?押さえておくべき4つのポイント

  • 突然のクレジットカードの利用停止!その3つの原因と理由