1. TOP
  2. 借りる
  3. カードローン
  4. 東京スター銀行カードローンは少額極度がお勧めな4つの理由

東京スター銀行カードローンは少額極度がお勧めな4つの理由

カードローン 借りる この記事は約 19 分で読めます。

東京スター銀行のカードローンは、おまとめローンなどの借り換えのローンを特徴としている銀行のカードローンです。
スターローンという商品なのですが、専業主婦なども借りられる、東京スター銀行のカードローンは利便性があるでしょう。
銀行系のカードローンとして、気になるカードローンの一つではないでしょうか。
東京スター銀行のカードローンは一体どのような商品なのか見ていきましょう。

東京スター銀行カードローンの詳細情報

東京スター銀行カードローンの詳細情報

東京スター銀行カードローンの詳細情報をまとめます。
東京スター銀行カードローンは、1999年6月に経営破綻した第二地方銀行からできた銀行が、発行するカードローンです。
破綻をした銀行は、株式会社東京相和銀行で、その営業を譲り受けることを目的として新たに金融免許を受けた銀行が、2001年に譲り受けして東京スター銀行として営業を開始しました。

東京スター銀行は、おまとめローンなどの、借り換えのローンに定評がありますが、東京スター銀行のカードローンも収入がない専業主婦などでもお金を借りられる銀行として、ネット上では密かに人気があるようです。
東京スター銀行は、色々な変遷を得ています。
東京証券取引所に上場していましたものの、2008年に監理ポストに割り当てられて、国内の投資ファンドアドバンテッジパートナーズがTOBを実施し、上場廃止基準に該当する恐れが出たため上場廃止しました。

その後、経営が悪化し2014年に台湾大手の中国信託商業銀行が株式を520億円で買収し現在にいたっています。
今までの流れからいいますと、決して内容のよくない銀行のように感じますが、今では、おまとめローンを中心として、営業努力をしている東京スター銀行です。

おまとめローンといえば、東京スター銀行というように、評判が高くなってきた銀行ですが、特に金融機関で取引しにくいとされている顧客に目を向けて、取引層を伸ばしているようです。
また、東京スター銀行は消費者金融とは違う、銀行として営業をしていますので、東京スター銀行のカードローンは総量規制の対象となりません。

個人を主体とした銀行のため、ほかの金融機関にはない特徴もあるようですので、東京スター銀行のカードローンを詳しくしるためにも、カードローンの詳細情報を頭に入れておきましょう。
消費者金融よりも低金利で、専業主婦も借りやすい東京スター銀行のカードローンは一体どのような商品なのでしょうか?
ほかのカードローンと比較をしてみてください。

・実質年率:4.5%~14.6%
※実質年率は審査によって変わってきます。
一般的な銀行と同様な極度額にあわせた段階金利ではないのは、最近のカードローンとしては珍しい設定となっているのではないでしょうか。

・極度額:10万円以上~500万円以内
※10万円単位での極度額になります。

・審査時間:最短即日~2週間程度
※審査時間は長めの銀行です。
余裕を持って審査を受けるといいでしょう。

※東京スター銀行の普通預金、スターワン口座を開設済みの人は、東京スター銀行も営業日午前9時30分までにホームページで申し込みしますと、審査終了後に同日の正午までインターネット契約の手続きを完了しますと、即日融資が可能となる場合があります。
なお、審査結果によっては同時融資を利用できないこともありますので注意をしてください。
※同時融資とは、ローン契約手続き完了と同時に1回に限り、上限10万円をスターワン口座へ融資金を入金するサービスです。

・融資にかかる時間:最短即日~3週間程度
※審査終了後にカードローンのカードが自宅に届いてから、融資を受けることが可能になります。

・融資条件:年齢が満20歳以上満65歳未満の国内に居住する個人で、保証会社(新生フィナンシャル株式会社)の保証を受けられる人であることと、原則毎月安定した収入がある人になります。
※パート、アルバイト、無職の主婦、年金生活者、大学生の人も利用できます。
※外国人は永住許可を受けている人が対象です。

・担保・保証人:不要

・遅延損害金:借入金利と一緒

・収入証明書:300万円以下は不要
※300万円超の場合は源泉徴収票等の収入証明書が必要です

・返済額:利用残高により返済額が変わってきます。
詳しくは下記のとおりです。
30万円以下:5,000円
30万円超50万円以下:10,000円
50万円超70万円以下:15,000円
70万円超90万円以下:20,000円
90万円超150万円以下:25,000円
150万円超200万円以下:30,000円
200万円超250万円以下:35,000円
250万円超300万円以下:40,000円
300万円超400万円以下:55,000円
400万円超500万円以下:65,000円

東京スター銀行カードローンの特徴

東京スター銀行カードローンの特徴

先に紹介をした東京スター銀行カードローンの詳細情報をもとにして、東京スター銀行のカードローンの特徴だけを初心者にも分かりやすいようにまとめました。
ほかのキャッシングと比較検討をするときの参考としてください。

東京スター銀行のカードローンは専業主婦や大学生でも借りられるカードローンで、極度額が大きくないカードローンといえるでしょう。
また、金利も決して低くはないのですが、消費者金融と比べますと、低金利で極度額がそれほど必要ない人にお勧めのカードローンです。

金利は極度額ごとに決まっておらず、あくまでも審査により決定するため、10万円や50万円でも14.6%以下の金利になる可能性があるのは大きな特徴でしょう。
また、東京スター銀行のカードローンは、一旦カードローンを作りますと、増額ができない商品です。
これは、ホームページ上には記載されていないのですが、初めの申し込みに気をつけて申し込みをするのがいいでしょう。

東京スター銀行は、今までの変遷を見てもらうと分かるように、経営の危機を何度か繰り返している銀行です。
個人や中小企業に特化した銀行の特性を活かして、おまとめローンの地位を築き上げました。
そんな銀行が発売している、東京スター銀行のカードローンは、おまとめローンの次に販路を拡大したい商品でしょう。

金融機関にとって、カードローンは発行枚数に比例して、利益率が増加していきます。
高収益商品のカードローンを積極的に販売することで、利益化を図りたいのはどこの金融機関も一緒でしょう。
ただし、どこまでリスクを金融機関側で取るかによって、申込人の対象者や極度額の大きさが変わってくるでしょう。

東京スター銀行のカードローンは、商品の詳細を見ると、どちらかというと低所得者層をターゲットにしているのが分かる商品ではないでしょうか。
特に、金利と、増額審査をして貰えないというのは大きな特徴のカードローンです。
また、即日融資も東京スター銀行の普通預金を持っていませんと、即日融資をしてもらうことができないため、お金を借りるまで時間がかかるのも特徴でしょう。
お金を借りるまで3週間を見ておくことをお勧めします。

東京スター銀行カードローンは申し込みの敷居が低い

東京スター銀行カードローンは、個人向けの商品を主体として、販売をしている銀行のカードローンです。
個人向けといっても、どちらかといいますと、比較的低所得者層をターゲットにしている銀行ですので、申し込みがしやすいカードローンではないでしょうか。
東京スター銀行のカードローンは、最高極度額が500万円となっており、最高800万円や1,000万円としている、金融機関と一線を引いているのが分かります。

また、東京スター銀行はおまとめローンや、借り換えローンなどを積極的に販売をして、おまとめローンであれば東京スター銀行といわれるようになりました。
複数からお金を借りて、月々の返済が困っている人を対象に、借り換えを推進しているため、リスクのある商品を販売しているともいえるのですが、低所得者層を救済するための商品を取り揃えて、利息収益をあげていることでしょう。

東京スター銀行のカードローンも、個人向けの商品として、販売をしているのですが、10万円から申し込み可能で、専業主婦や、パート、アルバイトをしている大学生でも申し込みが可能な、カードローンのため低所得者向けのカードローンといえるのではないでしょうか。

金利は4.5%~14.6%の間で、審査によって決定されますが、だいたい10.0%を超える金利となるようですが、消費者金融に比べるとお得なカードローンといえるでしょう。
少額のカードローンを作るときに迷ったときには、東京スター銀行のカードローンはお勧めの1枚です。

東京スター銀行カードローンの金利は審査によって決まる

東京スター銀行のカードローンは、申し込み限度額で金利が決まるのではなく、申し込み審査によって金利が決定します。
申し込みのときに、極度額の審査をして金利が決まるといった、ほかの銀行で最も多い方式ではなく、申し込みのときに審査をおこなったうえで金利が決定するといったカードローンです。

この違いはどのようなことをいっているのかといいますと、50万円で申し込みをしたときに、200万円の極度額までであればカードローンを作成できますと伝えられたとしますと、その銀行の金利が50万円が14.6%、200万円が9.6%となっているときに、銀行のいうとおりに200万円の極度額で作成をすると金利が9.6%で作成されます。

しかし、200万円も利用することがないためにで50万円で、信用情報を気にして申込時のままカードローンを作成しますと、金利は14.6%になってしまいます。
東京スター銀行のカードローンの場合は、50万円で申し込みをしたときに、金利が9.6%で利用できるとしたうえで、かつ200万円まで極度額を引き上げできますがどうしましょうか?と伝えられます。

このときに、申し込みのまま50万円でカードローンを作成しても、金利が引き上がることなく9.6%で作成ができることでしょう。
この差は、少額のカードローンしか必要ない人にとっては大きな差となるのではないでしょうか。
いくら利用しないといっても、限度額が大きなカードローンは色々な意味で不要なものでしょう。

その点、東京スター銀行のカードローンは、低所得者に優しい銀行といえるのではないでしょうか。
一度決まった金利が、どの極度額にも適用されるというのは、大きな特徴といえるでしょう。
この金利の設定については、ほかの金融機関と大きな違いがあります。
ほかの金融機関で200万円の極度額も必要ないのに金利のために、極度額を大きく作っている人も、東京スター銀行のカードローンに作り直してもいいかもしれませんね。

東京スター銀行カードローンは時間がかかる

東京スター銀行カードローンは、東京スター銀行の普通預金口座を持っていませんと、即日融資ができません。
したがって、通常東京スター銀行のカードローンを申し込みする人は、東京スター銀行の普通預金スターワン口座を持っていない人がほとんどで、即日融資ができないということが想定されます。

カードローンにも2種類のタイプがあり、カードが必要ないネットローンタイプと、カードが必要なカードタイプがあるようです。
この種類により、審査時間も若干の差があることでしょう。
ネットローンの場合は、2~3週間の審査時間が必要で、カードタイプが3週間~1ヵ月は利用するまで必要とのことでした。

ここまで、時間がかかるカードローンも珍しいですので、東京スター銀行のカードローンの大きな特徴の一つといえるでしょう。
急ぎでお金が必要ない場合は、東京スター銀行のカードローンを検討する余地があるということになるのではないでしょうか。
東京スター銀行のカードローンを利用する場合は、急な資金需要には対応していないため、利用するシチュエーションをしっかりと考えたうえで、申し込みをするといいでしょう。

東京スター銀行のカードローンは増額申請ができない

東京スター銀行のカードローンのもう一つの大きな特徴が、一度作成したカードローンは、増額申請ができないということです。
したがって、最初に極度額が引き上げできることを東京スター銀行から伝えられた場合は、引き上げするかどうかじっくりと考える必要があるでしょう。
一度、作成したカードローンの変更ができないというのは、最近のキャッシングには見られない商品になります。

したがって東京スター銀行のカードローンは、少額の極度額でも金利が低い口座を作れる必要があるというメリットもあるのですが、その反面このようにのちのち増額したくなった場合は、別の金融機関のカードローンに乗り換えをしなければいけなくなることでしょう。
別の金融機関に乗り換えをおこなうときは、東京スター銀行のカードローンを解約したうえで、乗り換えをすることをお勧めします。

カードローンの口座はクレジットカードと違い、複数持つものではありませんので、カードローンを切り替えするときには注意をして、新たなカードローン口座を作成するといいでしょう。

東京スター銀行カードローンの評判

東京スター銀行カードローンの評判

東京スター銀行カードローンの評判を見ますと、審査が遅い、職員の対応が悪いという評判が多いようです。
金利が低いというのは、消費者金融から乗り換えた人で、聞かれる評判でした。
また、低所得者でもカードローンが作成できた都の評判もありますが、どちらかというとあまりいい評判が出てこない金融機関ではないでしょうか。

しかし、本当のところどうなのか話をしていきます。
審査が遅いのは口コミ通りではないでしょうか。
今時のカードローンにしては、審査に2週間もかかるところは少ないでしょう。
評判を落としているのは、この審査時間にあるようです。
カードローンをみずから申し込みする人のほとんどは、すぐにでもお金を使いたい人が多いのではないでしょうか。

そのようなニーズを考えますと、少し対応が悪いようにも感じます。
しかし、東京スター銀行は、どちらかというとほかの金融機関で申し込みを断られた人が行き着く、最終的な銀行系カードローンといった側面もありますので、審査に時間をかけているということかもしれません。

また、職員の対応を問題視している口コミも多いようでした。
知識不足であるとか、手続きミスがあるなどの類いが多いのですが、このあたりは第二地方銀行という枠組みの地域金融機関ならではのことなのかなと感じます。
信用金庫、信用組合に多い対応なのですが、信用金庫、信用組合はこのような対応をしても親身になって顧客に接してくれると人気があります。

しかし、銀行となるとちょっと敷居があがるのでしょう。
顧客が求める職員層が、地銀、メガバンクといったレベルでは、残念ながら東京スター銀行はそこまでのレベルではないのでしょう。
ただし、調査をしたときに対応をした職員のレベルを見ますと、某メガバンクよりはずっと気持ちのいい対応をしてくれ、商品知識もしっかりともっていました。

銀行という看板を背負っているため、顧客も全ての銀行を一緒に見てしまうのでしょうが、大きい銀行と地域銀行の差はどうしても出てくるでしょう。
東京と名がつく銀行ですが、あくまでも第二地方銀行ですので地域銀行になります。
東京スター銀行のカードローンが金利や極度額に特徴のある銀行となっているのは、そういった業界の特性もあるのかもしれません。

職員の対応を気にするのであれば、みずほ銀行などの金融機関でカードローンを作ればいいことでしょう。
それらの銀行でカードローンを作れなく、東京スター銀行のカードローンを申し込みしたのであれば、相応の金融機関であるということを認識しておくといいでかもしれませんね。
お金を貸しにくい人にすぐに審査を通過するような金融機関であれば、今後も経営は厳しくなりますので、その点ではじっくりと審査をしているということでしょう。

もちろん、審査を通過するためには、保証会社の新生フィナンシャル株式会社で審査が通過しませんと、カードローンを利用できないのですが、同じ新生フィナンシャル株式会社を利用している、オリックス銀行で審査落ちした人でも、カードローンを作ることができたという人がいますので、やはり低所得者層をターゲットにしているのが分かります。

また、カードローンとは違うのですが、東京スター銀行はおまとめローンに定評があり、多重債務者にお金を貸すというリスクを取るスタイルを取っていますので、東京スター銀行のカードローンの審査にもそのノウハウは活かされていることでしょう。

東京スター銀行カードローンのメリット

東京スター銀行カードローンのメリット

東京スター銀行のカードローンのメリットといえば、やはり少額極度額のカードローンでも金利が低いということがいえるでしょう。
そして、低所得者にも、申し込みがしやすいというのは大きなメリットではないでしょうか。
少額極度額のカードローンは一般的に14.6%の最高金利になるのが普通ですが、しっかりとした審査をしたうえで金利がさがる可能性があるというのはありがたいです。

ターゲットとしている顧客層が、はっきりとしているため、専業主婦や大学生でも申し込みがしやすい、銀行系のカードローンということで、ほかとは一線を引いているでしょう。
専業主婦は配偶者に所得があれば無収入でも、大学生はパートやアルバイトで働いていれば、21歳になったと同時に申し込みが可能となります。

東京スター銀行のカードローンは、色々なカードローンが各金融機関で販売されているなかで、特別な商品設計をしないでも、ターゲットを絞った審査をすることで生き残りをかけているといえるでしょう。
したがって、低所得者層にはありがたい条件がなにげについているのが売りではないでしょうか。

最高極度額が500万円ということからも分かるように、ほかの金融機関よりは大きな極度額を設けていません。
最低も1,500万円の所得があれば申し込みができるのでしょうが、1,500万円の年収といいますと、それほど多くはないでしょう。
あえて、最高極度額を大きくしなくても、少額のカードローンでしっかりと利益を追求できるという考えがあって、東京スター銀行ではこのような、カードローンの商品としている可能性があります。

カードローンの商品を見ることで、その銀行がどのような顧客層を求めているのかを見る目も養いますと、自分がマッチングする金融機関を探すことが可能となるのではないでしょうか。

東京スター銀行カードローンの注意点

東京スター銀行カードローンの注意点

東京スター銀行のカードローンの特徴でも話をしましたが、東京スター銀行のカードローンの注意事項はなんといっても、審査まで時間がかかるということでしょう。
ホームページでは即日審査、即日融資可能となっていますが、これはあくまでも東京スター銀行の普通預金を持っている人に限ってのことになります。

通常は3週間~1ヵ月を見ておく必要があるでしょう。
その間は、何の音沙汰もありませんので、不安になることもあるでしょうが、審査の結果を待つしかありません。
すぐにでもお金を借りたい人は、東京スター銀行のカードローンは不向きでしょう。
もしもの1枚として、お金を使う予定がありますものの、すぐには使う予定がない人は東京スター銀行のカードローンはお勧めの1枚です。

最近は、即日融資、即日審査というのが当たり前になってきていますが、東京スター銀行のカードローンは、お金を借りるまでかなりの時間が必要になりますので、申し込みの段階で時間がかかることは覚悟をしておくといいでしょう。
ただし、少額極度額でのカードローンとして利用したいのであれば、東京スター銀行のカードローンは低金利で利用できる可能性がありますので、利用頻度の兼ね合いと比べて申し込みの検討をするといいのではないでしょうか。

また、東京スター銀行のカードローンに限ったことではないのですが、住宅ローンや車のローンを組みたいと考えている人は、カードローンの残高には常に注意をすることをお勧めします。
もし、車や住宅ローンを借りるときに、カードローンの残高がない場合は、一旦解約することが望ましいかもしれません。

住宅ローンや、車のローンのを借りたあとに、カードローンを選び直すといいでしょう。
ただし、カードローンを頻繁に利用していないとか、東京スター銀行のカードローンで借りたお金が徐々にでも、減っていれば問題はないでしょう。
問題は、カードローンの残高が常に一定で慢性化していることが問題になります。

したがって、カードローンの残高は減らすように気をつけましょう。
カードローンの残高が慢性化していますと、給料が生活するうえで足りないと銀行に判断をされてしまい、浪費家だと思われてしまうことがあります。
住宅ローンを借りる予定がある人は、カードローンを利用していると審査に影響があるといわれており、カードローンを持っているだけでも、影響があるともいわれています。
それは、使っていなくても、いつでも借金ができる状態であるため、借金があるものと見られるからです。

しかし、常に使っていないのであればそれほど、住宅ローンなどの審査に影響をすることはありませんので、カードローンの利用は、返済計画をしっかりと立てたうえで利用をするといいでしょう。

東京スター銀行カードローン審査の内容・厳しさ

東京スター銀行カードローン審査の内容・厳しさ

東京スター銀行カードローンは銀行系のカードローンです。
しかし、おまとめローンを主体として、販売をしているせいか、意外と審査にとおりやすいということが聞こえてきます。
審査方法はクレジットの利用履歴や、職業や収入、家族の人数、現在の借入額などを総合的に見て審査される、銀行系の審査方法と変わりはありません。

年収と家族の人数が釣り合いが取れているか、職業が安定している職業か、勤続年数が長いかなど総合的に判断がされることでしょう。
クレジットの利用履歴というのは、過去のクレジットカードや、キャッシング等の事故情報のことを指しており、事故情報というのは、延滞や、代位弁済、債務整理をしていないことになります。

携帯電話の支払いや、クレジットカードの利用についても同じことがいえます。
携帯電話は、分割で購入している人が多いですので、電話の使用料金と一緒にスマホなどの分割払いがされているのが一般的でしょう。
それが支払いがされないということは、借りたお金の返済をしていない延滞ということですので注意をしてください。

しかし、消費者金融で駄目だった人、オリックス銀行で駄目だった人、楽天銀行で駄目だった人が審査に通過しているケースもあるようですので、諦めずに申し込みをするといいのではないでしょうか。

東京スター銀行カードローンの融資を受けるまでの流れ

東京スター銀行カードローンの融資を受けるまでの流れ

東京スター銀行カードローンは電話かインターネットによる申し込みがあるようです。
東京スター銀行のカードローン申し込みをするには、東京スター銀行の普通預金が必要になりますので、口座を持っていない人は同時に申し込みをすることになるでしょう。

おそらく、東京スター銀行カードローンの申し込みをするときに、普通預金口座を持っていない人がほとんどだと思いますので、カードが送付されてくることのない、ネットローンで申し込みしたときに、融資を受けるところまでの流れについて話をしていきます。

1.東京スター銀行カードローンの申し込み

東京スター銀行カードローンで融資を受けるには、まずは申し込みをする必要があるでしょう。
また、同時に東京スター銀行の普通預金、スターワン口座を申し込みする必要があります。
申し込み方法はパソコンやスマホを利用しておこないましょう。
必要な情報を入力して、仮審査を受けることになるでしょう。

2.東京スター銀行カードローン仮審査開始

申し込みのときに入力した勤務先に、在籍確認をおこないます。
在籍確認終了後、審査に通過する電話で審査結果の通知がされてきます。
仮審査がとおらなかったときには、メールで連絡が来ることになっています。

3.東京スター銀行カードローンの本審査

仮審査が終了し、スターワン口座の開設が終わりますと、東京スター銀行では本審査に移ります。
本人確認書類などの必要書類を、インターネットで送付後に契約内容の同意をしますと、契約内容の控えが送付されてきます。

4.東京スター銀行カードローンからお金を借りる

ネットローンの場合で、同時融資申し込みの場合は、審査終了後にスターワン口座に10万円を限度として、お金が振り込みされますので確認をしましょう。
また、その後にカードと暗証番号の通知表が送付されてくるようです。
ここまでが、3週間程度かかることがあるようですので、申し込みするときは1ヵ月は余裕を持って申し込みをするといいでしょう。

まとめ

東京スター銀行カードローンはお金を借りるまで、時間がかかるという評判があります。
急ぎでお金を借りたい人は、トラブルになることもありますので、東京スター銀行のカードローンはお勧めできません。
低所得者でも比較的審査に通過しやすいですので、急ぎで申し込みをしない人にとっては、ありがたい1枚となるでしょう。
少額のカードローンで低金利の商品を探している人には、東京スター銀行のカードローンはお勧めです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

モアマネーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モアマネーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事に関連する情報はこちら

  • カードローンの借り換えで最も注意することは金利ではない!

  • みずほ銀行カードローンの申し込み前に知りたい14のポイント

  • プロミスのキャッシング|金利がお得なカードローンを徹底解説

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン|2通りの即日融資で便利に活用!

  • 実際はどんな感じ?借金の取り立ての流れと違法行為への対処法

  • 銀行と違うノンバンクとは?融資の金利や注意点を把握しよう