1. TOP
  2. 借りる
  3. カードローン
  4. 三菱東京UFJ銀行カードローン|2通りの即日融資で便利に活用!

三菱東京UFJ銀行カードローン|2通りの即日融資で便利に活用!

カードローン 借りる この記事は約 19 分で読めます。

三菱東京UFJ銀行のカードローンは、金融系のキャッシングになります。
キャッシングでお金を借りたいというときに、できれば銀行のカードローンを利用したいと思う人が多いことでしょう。
そこで、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を検討している人もいませんか。
三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」についてまとめますので検討するときの参考にしてください。

三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細情報

三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細情報

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細情報をまとめます。
「バンクイック」は三菱東京UFJ銀行で発売しているカードローンです。
カードローンとは、いわゆるキャッシングのことをいいますが、キャッシングには大きく分けると銀行系、信販系、消費者金融系の3つに分類されるでしょう。

正確にいいますと、流通系やIT系などもっと細分化できますが、この3つをおさえておくだけでいいと思います。
キャッシングを初めて利用するときに、消費者金融系はイメージが悪く感じ、信販系のキャッシングも利率が高いというイメージのため、銀行系のカードローンをできれば申し込みたいと考えている人も多いでしょう。
そこで、三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴をしっかりとおさえておきましょう。

・実質年率:1.8%~14.6%
※実質年率は極度額によって段階金利となっています。
極度額がさがるにつれて、金利があがっていくでしょう。
極度額ごとの実質年率は以下の通りです。

なお、極度額ごとの最低金利は、そのコースの最高極度額で審査が通ったときに適用がされるようです。
また、三菱東京UFJ銀行カードローンは、ホームページ上では変動金利と記載されていますが、事実上は固定金利のようです。
社会的に急激に金利があがり、三菱東京UFJ銀行カードローンの適用されている金利が、著しく低いと判断されたときに金利が引き上げできるように、変動金利としているようです。

○10万円~100万円:12.6%~14.6%
○110万円~200万円:9.6%~12.6%
○210万円~300万円:7.1%~9.6%
○310万円~400万円:6.1%~7.1%
○410万円~500万円:1.8%~6.1%

・極度額:10万円以上~500万円以内
※10万円単位での極度額になります。

・審査時間:最短30分

・融資にかかる時間:最短40分で利用可能
※最短40分でお金を借りる場合は、テレビ窓口で三菱東京UFJ銀行カードローンの発行をしなければいけません。
全国どこでも最短40分で借りられるわけではありませんので、注意が必要です。
なお、テレビ窓口は全国29の都道府県にある三菱東京UFJ銀行の特定の支店に設置されています。

・融資条件:年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人で、アコム株式会社(保証会社)の保証を受けられる人であることと、原則安定した収入がある人になります。

※学生、専業主婦などで収入がなく配偶者に収入のある人も対象です。
※外国人は永住許可を受けている人が対象です。

・担保・保証人:不要

・遅延損害金:実質年率と同様(1.8%~14.6%)

・収入証明書:200万円以下は不要
※200万円超の場合は源泉徴収票等の収入証明書が必要です。
具体的には次の通りです。
○源泉徴収票
○住民税決定通知書
○納税証明書その1・その2(個人事業者)
○確定申告書第1表・第2表

・返済額:利用残高、金利により返済額が変わってきます。
詳しくは下記の通りです。
○利率:年8.1%以下
10万円以下:1,000円
10万円超20万円以下:2,000円
20万円超30万円以下:3,000円
30万円超40万円以下:4,000円
40万円超:借入残高が10万円増すごとに1,000円を追加

○利率:利率 年8.1%超~15%未満
10万円以下:2,000円
10万円超20万円以下:4,000円
20万円超30万円以下:6,000円
30万円超40万円以下:8,000円
40万円超:借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加

○利率:利率 年15%以上
10万円以下:3,000円
10万円超20万円以下:6,000円
20万円超30万円以下:9,000円
30万円超40万円以下:12,000円
40万円超:借入残高が10万円増すごとに3,000円を追加

三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴

三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴

先に紹介をした三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細情報をもとにしたものと、特記しなければならないことを、カードローンに詳しくない人にも分かりやすいように特徴をまとめました。
ほかのキャッシングと比較検討をするときの参考となるでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンは即日融資、返済額、返済方法、保証会社に大きな特徴があるのではないでしょうか。
そこで、これらの三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴を、分かりやすく説明をします。

なお、保証会社はアコム株式会社になります。
三菱東京UFJフィナンシャルグループの会社ですが、消費者金融の会社が保証会社となっているのが分かります。
同じ三菱東京UFJフィナンシャルグループの会社ですが、消費者金融を保障会社としているのは珍しいことでしょう。
最近は、このように消費者金融の会社を保証会社としている銀行の消費者ローンも出始めています。

三菱東京UFJ銀行カードローンは即日融資が受けられる

三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴の一つとして、即日融資が受けられることではないでしょうか。
最近は、この即日融資が受けられるカードローンも増えてきたのですが、しかしこの即日融資は三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴といえます。

カード発行まで最短40分というのは大きな特徴でしょう。
ただし、先にも話をしていますが、テレビ窓口がある支店でしか発行ができませんので、最寄りにテレビ窓口がない人は、即日融資が受けられない可能性がありますので気をつけてください。
なお、三菱東京UFJ銀行カードローンで、即日融資が受けられる方法がもう一つあります。

三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている人(半年以上などの利用実績のある普通預金)は、カードローンの審査が通過するとインターネットの会員ページから融資を受けることが可能になります。
また、振り込みで即日融資を受けるためには、平日14時まで振り込み手続きが終了していなければいけません。
したがって、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査が13時30分ぐらいまでに終了をしている必要があるでしょう。

いくら最短30分で審査が終了するといっても、万が一のことに備えて午前中の朝早くに、三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込みすることをお勧めします。
早めに審査をしてもらって、振り込みを早めにできるようにしておきましょう。
収入状況や、過去のクレジットの利用履歴などを見て、審査に時間がかかることもあります。
早めに申し込みをすることによって、長めの審査でも当日中に借りられる可能性が出てくることでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンは返済金額が金利によって違う

三菱東京UFJ銀行カードローンは借入額と、金利によって返済金額が変わります。
このことは、すでに話に出ていますので、もうお分かりだと思いますが、返済額が細かく分かれています。
三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細情報に記載した通りの返済額になりますが実際の例をあげて説明をします。

例えば、極度額50万円の三菱東京UFJ銀行カードローンは、14.6%になるでしょう。
このときに、20万円を利用したとします。
そうしますと、返済金額は10万円以下の残高になるまで4,000円の返済額になるでしょう。
そして、10万円になったときに、2,000円の返済額になります。

では、このときの三菱東京UFJ銀行カードローンの利息はどうなるのか話をします。
三菱東京UFJ銀行カードローンで20万円を借りたときの30日間の利息は2,400円です。
したがって、1,600円しか元金が減らないことになります。
1万円返済するのに5ヵ月はかかることでしょう。
一体いつになったら返済が終わるのか分かりませんよね。
銀行系のキャッシングというと聞こえはいいかもしれませんが、消費者金融のキャッシングとあまり変わりはないでしょう。
カードローンはやはり計画的に返済をしませんと、借りたお金をなくすことは中々できないのではないでしょうか。

三菱東京UFJ銀行カードローンは返済方法を選択できる

三菱東京UFJ銀行カードローンは返済方法と返済期日を選択できます。
返済方法は自動支払い、ATMで返済、指定口座から振り込みによる返済を選択できます。
また、返済期日は35日ごとの返済もしくは、毎月返済日を指定するかを選択できるでしょう。
なお、自動支払いを選択した場合は、35日ごとの返済は選択できません。

35日ごとの返済を選択した場合は、初回の返済が、借り入れの翌日から数えて35日以内にしなければならなく、2回目以降が直近に返済した日の翌日から数えて35日以内にする必要があります。
そして、返済期日を指定したときは、希望した毎月の指定日が返済期日となるでしょう。
毎月指定日の14日前から、指定日までの間に返済しますと、その月の返済分に充当されます。

なお、返済期日は変更可能で、12/31~1/3を除く日に、第二リテールアカウント支店専用ダイヤル(0120-76-5919)に平日は9:00~21:00、土・日・祝日は9:00~17:00の間に電話をすると変更ができます。

また、変更手続きをした月の翌月に、返済期日が反映されます。
例えば毎月25日から30日に7月15日変更をした場合は、7月25日の返済の確認を三菱東京UFJ銀行がした場合に、翌月から8月30日になるようです。
ただし、25日から1日に変更するときに、7月15日に変更の申し込みをした場合は、7月25日に返済の確認を三菱東京UFJ銀行がしたときに、9月1日に変更返済されるようです。
変更する日によって、次回返済期日が変わるため、変更の申し出をしたときに次回返済日を確認するといいのではないでしょうか。

三菱東京UFJ銀行カードローン保証会社がアコム

これも、すでに話をしていますが。
三菱東京UFJ銀行カードローンは保証会社が消費者金融のアコム株式会社を利用しています。
これは、三菱東京UFJフィナンシャルグループの参加にアコム株式会社が入っているからでしょう。
消費者金融会社が保証会社になっているカードローンは意外と少ないでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンはもちろん、金融系カードローンのため審査基準は消費者金融の審査基準とは違います。
ほかの、銀行系のカードローンと同じように、多角的に審査をされるでしょう。
しかし、保証会社によって、通過しやすい保証会社と、通過しにくい保証会社があります。
そのため、複数の保証会社を用意している金融機関があるようです。

実は、アコムはオリコなどと違い、審査が通りやすい保証会社なのです。
もちろん、アコム株式会社自社で貸し出しする消費者金融で申し込みをするよりも、三菱東京UFJ銀行カードローンは多角的に審査をするので消費者金融系のキャッシングを申し込みするよりは、審査に通過はしにくいでしょう。
しかし、オリコなどを保証会社としている金融機関よりは三菱東京UFJ銀行カードローンは通過しやすいということはあるでしょう。

なお、カードローンは取引メイン行に申し込みをした方が、審査が通過しやすいといわれています。
その理由は、金融機関で身元をある程度把握をしており、財産状況も把握していることもあるため、審査が通過しやすいのです。
預金などがあれば、資産状況も分かりますし、公共料金などを引き落とししていれば、遅れることなく納付しているかも判断できますので、信用力はあがることでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンの評判

三菱東京UFJ銀行カードローンの評判

三菱東京UFJ銀行カードローンの評判を見ますと、総じて審査の早さがもとで好評を得ています。
したがって先に話をした、三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴である、即日融資は大変好評を得ているようです。
そして、三菱東京UFJ銀行カードローンにもう一つの評判が、消費者金融のキャッシングに審査が通過しなかった人が、ダメ元で三菱東京UFJ銀行カードローンに申し込みをしたら、カードローンを作成できたというものでした。

これも、特徴であげた保証会社が消費者金融というものが、影響していると考えられるでしょう。
銀行系で、消費者金融より利息が安く、審査に通過しやすいということで評判がいいのでしょう。
三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴が、そのまま顧客の評判になっているようです。

なお、三菱東京UFJ銀行カードローンは消費者金融ではありませんので、カードローンを利用しても総量規制には該当しません。
メガバンクというブランドではありますが、消費者金融系カードローンに近い性質があり、個人ローンの柱としてカードローンに力を入れている証拠ではないでしょうか。

一昔前の、お高いイメージはなく、収益性が高いカードローンを個人に売り込みたいということがあるのではないでしょうか。
日本の経済が思わしくならなければ、カードローンなどに軸をおかなくてもいいのかったかもしれませんが、企業の業績が思わしくないために生まれた副産物でしょう。

個人への貸し出しを増やすことで、収益性をあげようとしているため、三菱東京UFJ銀行のブランド力と、消費者金融のアコム株式会社を上手に使った商品として、消費者ローンの分野に切り込んできたのでしょう。
金融系のカードローンですのに、消費者金融系の手軽さを兼ね備えているというのは特徴でしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンのメリット

三菱東京UFJ銀行カードローンのメリット

三菱東京UFJ銀行カードローンのメリットは、どこかの牛丼屋ではありませんが、「うまい」、「安い」、「早い」ではないでしょうか。
金融機関にとって「うまい」とは、なんといっても支払利息が少ないということでしょう。
利息が安いといっても、14.6%なので決して安くはないのですが、キャッシングという性質を考えるとやはり「うまい」部類に入ることでしょう。

一般的にカードローンの極度額を申し込みするとしたら、30万円、50万円、100万円、150万円、200万円といたところではないでしょうか。
また、収入からもこのあたりの層が多いことでしょう。
200万円も借りる必要がないとしても、200万円を申し込めるのであれば9.6%ととなり、10.0%を切った金利でお金を借りることができます。

カードローンは、消費者ローンでいうフリーローンを繰り返し利用できる、借金と同じものです。
多目的ローンで、繰り返しできる借金は金利が高いのは仕方がないことでしょう。
しかし、これが、10.0%を切って借りられるということは、三菱東京UFJ銀行カードローンやはり「うまい」商品となっているでしょう。

そして、「安い」については金利が安いとしますと、「うまい」とかぶってしまいますので、金利のことではありません。
三菱東京UFJ銀行カードローンの「安い」は、月々の返済額が「安い」ということでしょう。
10万円を借りて1,000円や、2,000円は毎月のやりくりがとても楽になることでしょう。

ただし、この1,000円や2,000円では、三菱東京UFJ銀行カードローンの借りたお金は中々減りませんので、計画的に返済をする必要があります。
生活が苦しいときには、月々の返済だけをしておいて、余裕があるときは多めに返済するなど、返済額が「安い」のはありがたいですよね。

最後の「早い」はやはり、三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴である、最短40分融資でしょう。
すぐにでもお金を借りたいときは、このスピードはありがたいことですね。
三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口がそぐそばにある人は、カードローンカードもすぐに受け取れますので、まさに「早い」というのが当てはまります。

また、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行のカードローンにしては、審査が通過しやすいということでしょう。
審査が通過しやすいといっても、銀行のカードローンですのでもちろん借りられない人も多いのではないでしょうか。
しかし、評判通りであれば審査が通過しやすい、金融系のカードローンということになります。
しかも、メガバンクの三菱東京UFJ銀行カードローンですので、安心して利用できますよね。

金融系のカードローンは、どこが保証会社になっているかで、審査の通過率が変わってきます。
カードローンを選ぶときは、銀行を選ぶのではなく、保証会社を見て選択することも一つの目安ではないでしょうか。

三菱東京UFJ銀行カードローンの注意点

三菱東京UFJ銀行カードローンの注意点

三菱東京UFJ銀行カードローンメリットについて話をしました。
しかし、三菱東京UFJ銀行カードローンといえども、キャッシングには変わりがないでしょう。
そこで、三菱東京UFJ銀行カードローンの注意点は、キャッシングを利用するときの注意点と同じことになります。

特に、三菱東京UFJ銀行カードローンはメリットとして、「安い」ということをあげました。
これは、メリットでもあるのですが、注意点ともいえます。
返済額が少ないということは、元金が減るのが遅いということになります。
三菱東京UFJ銀行は、長期間借りてもらうことにより、利息収入を確実なものにしていますので、高金利のカードローンの残高が減らないことはありがたいことでしょう。

先の例のように、極度額50万円の三菱東京UFJ銀行カードローンは、14.6%になります。
このときに、20万円を利用すると返済金額は10万円以下の残高になるまで4,000円の返済額になるでしょう。
そして、10万円になったときに、2,000円の返済額になることはもうお分かりですよね。

そして、20万円を借りたときの30日間の利息は2,400円ですので、1,600円しか元金が減らないことになります。
いつまで経っても、借りたお金が減らないということになるでしょう。
やはり、これは借りるときにしっかりと返済計画を立てたうえで、お金を借りる必要があるのではないでしょうか。

「ご利用は計画的に」というのが、まさに当てはまるでしょう。
また、どこのカードローンを利用しても同じことがいえますが、住宅ローンを借りる予定がある人は、三菱東京UFJ銀行カードローンの利用残高が固定化しないように気をつける必要があります。
給料で生活がしていけないと見られてしまいますので、住宅ローンの審査には少なからず、影響があるでしょう。

ただし、残高が「0」であるとか、借りたお金が減少し続けている、延滞をしたことがないなどをクリアしているとさほど影響がないと思われます。
しかし、カードローンは住宅ローンを借りるときには一旦返済をしておいて、住宅ローンを借りたあとに、再度カードローンを利用するなどの裏技を利用するなどの対処をした方が望ましいかもしれませんね。

三菱東京UFJ銀行カードローン審査の内容・厳しさ

三菱東京UFJ銀行カードローン審査の内容・厳しさ

三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行系のカードローンです。
したがって、審査方法はクレジットの利用履歴と、職業や収入などで総合的に審査されるでしょう。
クレジットの利用履歴というのは、過去のクレジットカードや、キャッシング等の事故情報がないかということです。

これは、延滞や、代位弁済を受けたことがないかなどを指しています。
携帯電話の支払いや、クレジットカードの利用についても同じことがいえます。
そして、返済していける給料をもらっているか、勤続年数などが長いかなども審査に影響がするでしょう。

したがって、通常の消費者金融系のキャッシングよりは審査内容が厳しいと思われるかもしれません。
基準が違うので審査が厳しいとか、緩いという表現は適していないかもしれませんが、金融系カードローンは一般的に審査が厳しいといわれています。

しかし、これは金融機関の人が話をしているわけではないでしょう。
たしかに、審査基準はインターネットで出まわっている情報で間違いがないでしょうが、実務をしている人が直接答えているわけではないでしょう。
したがって、まるっきり嘘の情報が出まわっているとはいえませんが、まずは審査を受けてみないと分からないというのが現実ではないでしょうか。

もちろん、消費者金融をもうすでに利用しているとか、給料が少ないなどの悪い条件の人もいるかもしれませんが、審査を受けてみるまでは三菱東京UFJ銀行カードローンを利用できるかどうかは分かりません。
利用を考えているのであれば、まずは申し込みをするといいのではないでしょうか。

また、保証会社がアコム株式会社であることをすでに話をしました。
これは、審査に大きく影響をしています。
保証会社により、通過しやすい人、通過しにくい人といるなかで、アコム株式会社というのは意外と他の金融機関で審査が通過しなかったからといった場合でも、審査に通るケースがあるようです。
同一金融会社の同一ローンで、保証会社が違うだけで、審査に通過するローンと、通過しないローンがありますので、違う金融機関の審査に通過しない場合でも、諦めずに三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込みをしてみてはどうでしょうか。

三菱東京UFJ銀行カードローンの融資を受けるまでの流れ

三菱東京UFJ銀行カードローンの融資を受けるまでの流れ

三菱東京UFJ銀行カードローンについて、利用申し込み方法はいくつかの種類があります。
そこで、全国的に申し込みできる方法で、一番早くお金を借りる方法で説明をします。
三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込み方法は、インターネット、電話、窓口、テレビ窓口によるものがあるでしょう。

そのなかで、全国的に申し込みができる申し込み方法でお金を早く借りる方法は、インターネットによる申し込みと、FAXによる必要書類の届け出をする申し込みが一番スムーズにお金を借りられるのではないでしょうか。

三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込みをしてから、融資を受けるところまでの流れを、インターネットでしたことを想定して話をしていきます。

1.三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込み

三菱東京UFJ銀行カードローンで融資を受けるには、まずは申し込みをする必要があるでしょう。
申し込み方法はインターネット、電話、窓口、テレビ窓口となります。
そこで、全国的に申し込みがスムーズにできるのが、インターネットではないでしょうか。
インターネットからの申し込みは24時間可能ですので、思い立ったらすぐに申し込みをするといいでしょう。

また、三菱東京UFJ銀行の普通預金をすでに数カ月にわたり、利用実績がある人も三菱東京UFJ銀行カードローンの審査を通過しますと、即日融資が可能となっています。

2.三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込み確認

三菱東京UFJ銀行カードローンではキャッシングの仮審査が終了しますと、在籍確認の意味も含めて、申込時に届け出をした勤務先の電話番号に個人名で電話がかかってきます。
在籍確認が取れて、仮審査が無事通過することでしょう。
その後は、届け出たメールに本人確認書類の提出依頼がされます。

3.三菱東京UFJ銀行カードローン申し込みの最終手続き

仮審査が終了し通過しますと、本人確認書類の提出依頼が三菱東京UFJ銀行からメールもしくは、電話で連絡されます。
なお、本人確認書類とは運転免許証(交付を受けていない人は健康保険証など)でしょう。
本人確認書類の提出を受けた三菱東京UFJ銀行が、本人の確認をおこない受付完了となります。
本人確認書類の提出は、インターネットから利用申込書をダウンロードして、記載したものと一緒にFAX送信をするといいでしょう。

4.三菱東京UFJ銀行カードローンのカード受け取り

三菱東京UFJ銀行のカードローンの申し込みが完了しますと、カードが郵送されてきます。
なお、ここでテレビ窓口が最寄りの店舗にある場合は、テレビ窓口でカードの発行ができますので、当日に融資が可能となるでしょう。

また、テレビ電話がない地域の人がすぐに三菱東京UFJ銀行カードローンを利用したい場合は、三菱東京UFJ銀行の普通預金を持っており利用実績がある人は振り込みによる利用で、即日融資が可能となっています。

5.三菱東京UFJ銀行カードローンからお金を借りる

最後にお金を借りる手順になります。
これは、三菱東京UFJ銀行カードローンのカードを手に入れたら、近くのコンビニ、三菱東京UFJ銀行のATMコーナーでお金を借りることができます。
また、振り込みによる借り入れの場合は、インターネットから、三菱東京UFJ銀行の本人名義口座に振り込みをすることでお金を借りることができるでしょう。

まとめ

三菱東京UFJ銀行カードローンは、金融系のカードローンで、しかもメガバンクの商品です。
金融系のカードローンといえば、敷居が高いように感じるのですが、三菱東京UFJ銀行カードローンは意外と手軽に利用できるのではないでしょうか。
しかし、金融系のカードローンといえども、キャッシングには変わりがありませんので、お金を借りるときには、返済計画をしっかりと立てたうえで利用をするといいでしょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

モアマネーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モアマネーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事に関連する情報はこちら

  • 三井住友銀行のカードローン|最短30分で全国どこでも即日融資!

  • プロミスのキャッシング|金利がお得なカードローンを徹底解説

  • アコムのキャッシング|実は超お得な即日融資カードローン!?

  • 銀行と違うノンバンクとは?融資の金利や注意点を把握しよう

  • グレーゾーン金利は過払い金請求可能?知っておきたい3つのポイント

  • 実際はどんな感じ?借金の取り立ての流れと違法行為への対処法