1. TOP
  2. 借りる
  3. ビジネスローンで経営を安定化!うまく使うためのメリット・デメリット7つ

ビジネスローンで経営を安定化!うまく使うためのメリット・デメリット7つ

借りる この記事は約 8 分で読めます。

ビジネスローンってご存知ですか?
自分でビジネスを営んでいる人にとっては、資金繰りというのは常に頭を悩ませる問題の1つです。
「設備投資にお金をかけたい」「取引先への支払いが間に合わないかも・・・」など、お金に関する悩みは尽きませんし、そう毎回毎回手元に資金があるわけでもありません。
そんな時に頼りになるのが「ビジネスローン」です。

今回はビジネスローンについて、メリット・デメリットなどを深く掘り下げていきます。
資金繰りでお悩みの自営業の人や個人事業主の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは

そもそも「ビジネスローン」とはいったいどういうものなのでしょうか。
世の中には「カードローン」や「フリーローン」など様々な種類のローンがありますが、ビジネスローンは法人や個人事業主のみを対象とする専門ローンのことを指します。

事業の運転資金やつなぎ資金など、事業のために使われる資金をビジネスローンから借り入れることが可能です。
銀行や民間の金融会社など、様々な団体がビジネスローンを取り扱っています。
会社によって借り入れられる条件や金利、返済期間などは異なりますが、事業経営者にとってビジネスローンは頼りになる存在であると言えるでしょう。

ビジネスローンのメリットデメリット

ビジネスローンのメリットデメリット

では具体的にビジネスローンを利用するにあたっての、メリット・デメリットを見ていきましょう。

ビジネスローンのメリット

まずはビジネスローンのメリットからです。
大きく分けると4つのメリットがあります。

まず1つ目は、実際に融資を受けられるまでの時間がビジネスローンの場合短いということです。
事業経営者向けの資金融資であれば、銀行融資や公的融資という選択肢も考えられます。
しかしそれらの融資を受けるには、最短でも1週間、最長だと1か月弱程度は審査のために必要な時間が生じます。
それぐらい待つことのできる資金的余裕があるのであれば問題ないかもしれませんが、資金繰りが喫緊の課題となっている事業経営者の人にとっては、一分一秒を争う問題であることも多々あります。

その点ビジネスローンの場合は、最短で1時間程度、平均的には3日程度あれば融資を受けることが可能です。
このスピード感は公的融資等にはないメリットです。

2つ目は、ビジネスローンは無担保・無保証で借り入れができるということです。
銀行融資を受ける場合には担保や保証人が必要になりますが、ビジネスローンではそれが必要ありません。
その分借り入れ限度額も抑え目に設定される傾向にありますが、とにかく急場をしのぎたいという事業経営者にとっては、ビジネスローンで借り入れできる金額で十分事が足りることも多いです。

3つ目は、ビジネスローンで借りる資金の使途が問われないということです。
設備投資のためだけとか、取引先への支払いのためだけとか、資金の使途が限定されてしまっては使いやすさも半減してしまいますが、ビジネスローンで借り入れたお金は事業に関係する資金であればどのように使ってもOKです。
ビジネスを軌道に乗せるために、新規取引先開拓のために、急場をしのぐために、ビジネスローンを最大限に活用しましょう。

最後は、ビジネスローンは総量規制の対象外であるということです。
個人が資金の借り入れを行う時に、大きな障壁となる可能性があるのは「総量規制」の存在です。
「年収の3分の1までしか借り入れを行うことができない」というのが総量規制の内容ですが、これにはいくつかの例外が存在します。
そのうちの1つが「事業資金として利用する場合の借り入れ」で、ビジネスローンはこれに該当するため、事業計画書などの書類が提出できる場合は、ビジネスローンは総量規制の対象外になります。
通常のカードローン等では借り入れることのできない金額でも、借り入れることが可能なのはビジネスローンの大きな利点です。

ビジネスローンのデメリット

では次にビジネスローンのデメリットです。
こちらは大きく分けると3つあります。

まず1つ目は、ビジネスローンは金利が高いということです。
例えば日本政策金融公庫が行っている普通貸付の場合は金利は2.25%、経営改善貸付の場合は金利は1.95%ですが、一般的なビジネスローンの金利は「4%~17%」で、公的な融資と比べるとかなり高い金利になっています。
ビジネスローンは無担保・無保証で借り入れができる分このような高金利になっているわけですが、この金利をどう捉えるかが、ビジネスローンを利用するかどうかの1つの判断基準になるでしょう。

2つ目はビジネスローンの借入可能額が低いということです。
こちらも前述の「金利が高い」と同じように、無担保・無保証で借り入れが行えるため生まれた弊害であると言えるでしょう。
事業規模的にビジネスローンで借り入れのできる金額では足りないという人は、銀行融資や公的融資を受けるしか選択肢がないと言えます。

3つ目は条件が合わないと即融資NGになるという点です。
ビジネスローンは「定型貸出」という種類の融資になっています。
住宅ローンや自動車ローンもこの「定型貸出」に含まれるのですが、この定型貸出の特徴は、あらかじめ決められている条件を満たせなかった場合には、審査が即打ち切られ融資がNGになってしまうということです。

一方、銀行融資は「非定型貸出」になっており、担当者と色々条件を相談しながら融資の可否を検討してもらうことが可能です。
「返済期間は7年、金利は○%で」という希望を出して断られたとしても、「では返済期間は6年で、金利は△%ではどうでしょう」というように微調整をしながら、融資可能な状態まで持っていくことも可能になっています。

ビジネスローンを選ぶ際のポイント

ビジネスローンを選ぶ際のポイント

ビジネスローンのメリット・デメリットに関しては分かっていただけたかと思いますが、ビジネスローンを扱っている業者というのは数多く存在します。
ではその中から、どのビジネスローンを選べばいいのでしょうか。
ビジネスローンを選ぶときには、いくつかチェックするべきポイントがあります。
主なポイントを挙げていきましょう。

金利

→実際にビジネスローンで借り入れる予定の金額だと、どれぐらいの金利が適用されるか

融資までの時間

→即日融資が可能かどうか。
そうでない場合は、ビジネスローンを申し込んでから実際に融資を受けるまでにどれぐらいかかるか

来店の必要性

→ビジネスローンの申し込み・契約・借り入れ・返済時に来店する必要があるかどうか

限度額

→ビジネスローンの希望借り入れ額が、限度額を上回っていないかどうか

保証人は不要かどうか

→一部のビジネスローンでは、保証人を求められる場合もあり

使途制限

→基本的には事業資金限定ですが、まれに使途が自由なものも上記したような部分を中心にチェックしていけば、自分が利用するのに適したビジネスローンかどうかが、ある程度判断できると思います。

ビジネスローンを使わないなら

ビジネスローンを使わないなら

ではビジネスローンを利用しない場合には、どのような選択肢があるでしょうか。

まず選択肢として考えられるのは、公的融資を受けることです。
融資を受けるまでに多少の時間がかかっても大丈夫なのであれば、最も低金利で借り入れを行える公的融資を利用するのが、賢い選択肢です。
日本政策金融公庫や、中小企業金融公庫から融資を受けることができれば、1~5%という非常に低い金利で借り入れを行うことができるので、ビジネスローンを利用するよりも返済が楽になるでしょう。

次に考えられるのは、銀行の事業者向けローンを利用することです。
銀行ではビジネスローンよりも低金利の事業者向けローンを扱っているところもあります。
借り入れのための条件は各行異なりますので、利用できるローンとそうでないローンに分かれてくるとは思いますが、もし利用できる事業者向けローンがれば、そちらの利用を検討してみるのがいいでしょう。

最後はカードローンを利用するという方法です。
カードローンでは借り入れたお金を事業資金に充てることはできません。
しかし、個人事業主の方であれば、カードローンで借り入れたお金を生活資金にして、手元にあるお金を事業資金として使う、といった利用法も可能だと思います。
ただ、カードローンはビジネスローンと同じぐらいかそれ以上に金利が高いことが多いので、注意が必要です。

ビジネスローン以外にもたくさん選択肢はあるようですね。
返済の際の負担を考えると、まずは銀行融資・公的融資といったような、金利の安い融資が受けられないかどうかを検討していくのがいいのではないでしょうか。
銀行融資や公的融資が受けられなかったときや、数日中に資金が必要などの緊急の場合に、ビジネスローンを利用するというようなスタンスが理想的だと思います。

 

この記事を読んだ方には、こちらもお勧めです。

まとめ

以上がビジネスローンに関するメリット・デメリットなどのまとめでした。
使いどころをうまく選べば、事業のピンチを救ってくれる可能性のある便利なローンだと言えるでしょう。
今は色々な会社で様々なビジネスローンを取り扱っているので、調べていけば自分に合ったビジネスローンが必ず見つかるはずです。
資金繰りで困っている方や公的融資を受けられなかった方などは、ぜひビジネスローンの利用を検討してみてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

モアマネーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モアマネーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事に関連する情報はこちら

  • 自営業でもカードローンは可能?審査の内容と赤字でも借りれる裏ワザ

  • 賢く使えば怖くない!学生ローンの気になるあれこれを徹底解説

  • キャッシングに年齢は関係ある?上限と下限が定められている理由と一覧

  • リボ払いは一括返済で安くなる?返済金額を減らすテクニック

  • 本当に厳しいの?借金の取り立ての実際と10の禁止事項

  • グレーゾーン金利は過払い金請求可能?知っておきたい3つのポイント