1. TOP
  2. 借りる
  3. クレジットカード
  4. リボ払いは一括返済で安くなる?返済金額を減らすテクニック

リボ払いは一括返済で安くなる?返済金額を減らすテクニック

クレジットカード 借りる この記事は約 9 分で読めます。

リボ払いに登録した支払いを一括返済する方法、知りたくありませんか?
クレジットカードの支払い方法にはいくつかの方法があります。
一括払い、分割払い、ボーナス一括払い、などなど。
その中の1つにリボ払いがあります。

リボ払いは支払金額を一定に抑えることができるので、月々の負担を抑えることができるというメリットがありますが、支払いが長引いてしまうと金利だけでかなりの金額を支払わなければならない、というデメリットも存在します。

リボ払いは毎月の負担が少ないのはありがたいけれど、残額が残り少なくなったら一括返済したい、とお思いの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、リボ払いで一括返済する方法をお伝えします。
これを読んで、ぜひ賢いカード利用者になってくださいね!

Sponsored Link

リボ払いは一括返済できるの?

リボ払いは一括返済できるの?

まずリボ払いが一括返済できるかということに関してですが、各カード会社で細かい手続き方法は違うものの、全てのカード会社で一括返済は可能になっています。
後ほど代表的なクレジットカードのリボ払い一括返済方法をまとめてお伝えします。
通常の支払いに関しては「あとからリボ」などで、簡単にリボ払いに変更することが可能です。

支払い方法が後ほど変更できることを知っておけば、クレジットカードを使って商品を購入する際にも、支払い方法をあまり深く気にする必要なく「とりあえず一括で」といったように気軽に決めることができます。
後になって「やっぱり一括はきついなぁ」と思ったら、その段階で変更すればいいわけですから。
リボ払いも同様です。

月々の返済による負担が少ないことを利用しながら返済を続けていって、「これくらいの金額なら、もうまとめて一括返済しても大丈夫だろう」というところで、一括返済に切り替えれば良いわけです。
支払い方法の美味しいところだけをうまく活用する感じですね。

Sponsored Link

一括返済で返済金額は減るの?

一括返済で返済金額は減るの?

リボ払いを一括返済する際に期待することは、「トータルでの返済金額が減るのかどうか」ということです。
「減る」という言い方が実質的に正しいかどうかは微妙なところですが、「今後もずっとリボ払いで返済していたら発生していたであろう、金利が発生しなくなる」という言い方が正しいでしょう。

つまり、「元本分の返済総額は変わらないが、それに付随する金利分の返済が少なくなる」ということです。
トータルで見れば、リボ払いで支払う予定だった返済総額は減ることになるので、一括返済できるだけの余裕があるのであれば、一括返済しておきたいところですね。
しかしその結果家計を圧迫してしまっては元も子もないので、まさに「ご利用は計画的に」です。

ここで少し補足として、リボ払いの金利がいかにものすごいことかということをご説明しておきましょう。
クレジットカードのリボ払いには毎月の返済金額が一定の「元利均等方式」と、毎月の元本返済額が一定の「元金均等方式」がありますが、今回は「元利均等方式」での返済を考えていきます。

例として20万円の商品を購入して、その返済を月々の返済5000円のリボ払いで返済する場合を考えてみましょう。
金利などを考慮に入れなければ、この返済は200000÷5000=40、となり40か月、つまり3年4か月で返済が終わるはずです。
しかし実際は4年8か月かかり、返済総額は278,954円となっています。
つまり、リボ払いでは金利だけで8万弱ものお金を支払っていることになるのです。

月々の支払いの内訳を見てもらうと分かるのですが、1回目の5000円の返済の内訳は元本充当分が2500円で利息分が2500円、つまり返済金額の半分しか元本返済には寄与していないということになります。
支払いを続けていくにつれ、少しずつ元本充当分が増えていき、利息分は減っていきますが、支払いが延びるのも最終的な支払い総額が増えるのも納得ですね。

月々の返済金額を増やせば返済期間は短くなり、返済総額も抑えることができます。
逆に、月々の返済金額を減らせば返済期間は長くなり、返済総額はさらに膨らむことになります。
リボ払いの支払いの内訳等を知りたいという人は、ローン計算ができるホームページ等もあるので、そちらを活用してみるといいでしょう。
返済金額を色々変更しながらシミュレーションを行ってみると、毎月の返済金額を低くすると、最終的なリボ払いでの返済総額がどれくらい多くなるのかということが、手に取るようにわかりますよ。

例えば100万円のリボ払いをオリックス銀行で借り換えた際、借り入れの金利は6.0%~14.8%となります。
ということはカードローンに切り替えた方が、リボ払いをクレジットカードで支払い続けるよりも、楽になり余裕が生まれることになるでしょう。

オリックス銀行のリボ払い借り換え詳細はこちら

リボ払いから一括返済に変える方法

リボ払いから一括返済に変える方法

では実際にリボ払いから一括返済に変更する方法を、カード会社ごとに見ていきましょう。

三井住友VISAカード

三井住友カードのリボ払い一括返済は「臨時増額」と呼ばれるもので、インターネット上の個人ページ経由か、電話で申し込むことができます。
口座引き落とし・銀行振り込み・ATM支払いの中から、一括返済の返済方法を選ぶことができますが、リボ払いの利息は支払日当日まで日割りで計算されることになります。
そのため、支払日が限定される口座引き落としよりは、希望日時に返済することのできる銀行振り込みやATM支払いを選ぶのが良いでしょう。
ただATM支払いの場合には、支払い金額上限に引っかかったり、対応していないATMがあったりするので注意が必要です。

楽天カード

楽天カードのリボ払い一括返済はインターネット経由、または電話で申し込むことが可能です。
インターネット経由の場合には、楽天e-NAVIの「リボ残高のおまとめ払い」から申し込みましょう。
返済方法は口座引き落としのみです。

注意しておきたいのは申込期限で、支払い月の10日22時までに手続きを終えておかないと、一括返済できるのは翌月になってしまいます。
また、「自動リボサービス」を解除しておかないと、次回以降の利用の場合でも自動的にリボ払いが適用されてしまいます。
次回以降もリボ払いを利用するつもりであれば問題はありませんが、そうでない場合は自動リボ払いを解除しておくようにしましょう。

JCBカード

JCBカードのリボ払い一括返済は「まとめ払い」と呼ばれるもので、MyJCB経由か電話で申し込むことが可能です。
申込期限は支払日の5営業日前までになっています。
支払い方法は口座引き落とし・銀行振り込み・ATM支払いの中から選ぶことができます。
注意しておきたいのは、ATM支払いの際には元金の返済しか行えず、利息の返済が行えないので、利息は後日口座より引き落とされる形になっているということです。

エポスカード

エポスカードのリボ払い一括返済はインターネット上の個人ページである「エポスNet」にログインして、「ポイント・各種変更手続き」から「お支払いの変更」を選んで、「リボ増額引き落とし」を選ぶことで申し込むことができます。
ページ内に「全額お支払い」を選ぶ部分がありますので、そこをチェックして申し込みを完了させましょう。
申込期限は対象金融機関や引き落とし日によって異なってきますので、詳しくはエポスカードのページで確認しましょう。

オリコカード

オリコカードのリボ払い一括返済は「残高一括返済」と呼ばれるもので、オリコカードセンターに電話をすることで申し込むことができます。
申込期限などに関して特に記載はありませんが、他のカード会社の場合と同じように、支払日までは利息は加算され続けるものと想定されます。
また、リボ払いを一括返済するための手続きの電話は、カードの利用者本人が行う必要があるようです。

セゾンカード

セゾンカードのリボ払い一括返済は、インターネット上の個人ページである「Netアンサー」にログインして、「お支払いの変更」から「お支払増額」に進むことで申し込むことが可能です。
申し込みの受付開始は、支払い月前月の17日以降で、申込期限は請求が確定するまでの数日間です。
期限に関しては少し分かりづらいので、サービスセンターに電話して直接聞いてみてもいいでしょう。
残額を一括で返済できる「全額払い」と、普段の返済金額に上乗せして返済する「増額払い」が選べます。

イオンカード

イオンカードのリボ払い一括返済は、インターネット上のマイページ内の「リボ払いお支払い額増額サービス」から申し込むことが可能です。
イオンカードの場合は、キャッシング・ショッピングの両方でリボ払いを利用することが可能ですが、どちらの場合でもこの方法で一括返済を行うことができます。
ページ内にある「全額返済」を選ぶことで一括返済となりますが、返済設定金額が利用残高を超えた場合にも、自動的に一括返済となります。

申込期限は毎月19日までで、それまでに申し込むと、翌月2日の支払いになります。
20~25日の間は、サービス停止期間のため申し込むことができませんが、26日以降に申し込んだ場合には、翌々月の2日の支払いになります。

リボ払いの借り換えにおすすめのカードローン

オリックス銀行のリボ払いの借り換え

リボ払いの借り換えを考えるのであれば、おすすめなのがオリックス銀行のカードローンです。
なぜオリックス銀行のカードローンへの借り換えが良いのかというと、圧倒的に金利が安くなる可能性があるからです。
クレジットカードで15%の金利でリボ払いをしている場合、オリックス銀行に借り換えるだけで年9%の金利に軽減できる場合があります。
3分の1近い金利が無くなるだけでも、だいぶ楽になると思いませんか?
もちろん審査次第で、必ずこの金利で借り替えできるわけではありませんが、試してみる価値はあるでしょう。
下記のオリックス銀行公式から返済シミュレーションができるので、月々の返済がいくらになるか比較してみてはいかがでしょうか?

オリックス銀行カードローンでリボ払いの借り換え比較

 

この記事を読んだ方には、こちらもお勧めです。

まとめ

以上がリボ払いを一括返済するための方法でした。
各カード会社で手続き方法や返済方法が微妙に異なっていますが、それぞれのカード会社が設けている方法に則った形で、申し込むようにしましょう。

リボ払いは便利な返済方法ではありますが、計画的な返済を心がけられる人が利用しないと、金利地獄に陥る可能性もあります。
リボ払いを利用している場合には、返済を適当に済ませずに、定期的に返済計画を見直しながら、ご紹介した一括返済や増額返済をうまく活用して、早めに返済を終えられるようにしましょう。

→ リボ払いの借り換えをするならコチラがおすすめ
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

モアマネーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モアマネーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事に関連する情報はこちら

  • 本当のサラ金とは?闇金や街金との違いをやさしく解説

  • カードローンの返済はどれがお得?5つの方法と最終手段

  • 銀行と違うノンバンクとは?融資の金利や注意点を把握しよう

  • 借金踏み倒しは本当に可能!?返済不能で起こる3つのデメリットとは?

  • おまとめローンを徹底活用!知らないと絶対損する5つのポイント

  • 運転免許ローンは使わないと損!使いこなすための情報4つ