1. TOP
  2. 借りる
  3. カードローン
  4. モビットのキャッシング|カードローンを自分で育ててお得に使う!

モビットのキャッシング|カードローンを自分で育ててお得に使う!

カードローン 借りる この記事は約 22 分で読めます。

モビットのキャッシングは、三井住友銀行グループの消費者金融系カードローンです。
モビットのキャッシングと、プロミスは一体何が違うのでしょう。

モビットの情報を色々と見ると評判が両極端に分かれているのが分かります。
実際のところモビットのキャッシングはどうなのか、色々と考察をしながら特徴などをまとめてみました。

モビットキャッシングの詳細情報

モビットキャッシングの詳細情報

では、早速モビットのキャッシングの詳細情報をまとめます。
モビットのキャッシングは消費者金融系ですが、三井住友銀行グループの消費者金融会社です。
しかし、詳しく調べていくとモビットのキャッシングは、同じく有名な消費者金融である三井住友フィナンシャルグループ・SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスと方針が違うのが明らかに分かります。

商品の詳細はアコムに近いものがありますが、取り扱いはやはり同列企業のプロミスに近いものがあるようです。
評判も2極化しており、実際のところ何を基準にして審査や取り扱いをしているのか、消費者から見ると分かりにくいところがあるようですが、実際に何がどのように違うのか少しずつ紐解いていきましょう。

・実質年率:3.0%~18.0%

キャッシング額 金利
1万円~99万円 18.0%
100万円以上 15.0%

※モビットのキャッシングの金利はプロミスと似た運用方法になっているようです。
ただし実際にはホームページで紹介されていない、ちょっとした特徴があるので説明をします。
モビットのキャッシングは、100万円を境に金利が変わってくるようです。
これはプロミスと同じ取り扱いになっています。

なお、この内訳についてはホームページには記載がされていません。
そして、100万円を境に最高金利が変わり、その金利についても同様です。
違う点は最低金利が3.0%であるということでしょう。
しかし、この3.0%になるには相応の職種や所得、利用履歴が必要になります。

これは、ほかの消費者金融と同じ取り扱いです。
しかし決定的に違うのが、最低金利が金額によって明確にしていないということでしょう。

あくまでも、審査によって決まるということで、最低金利が何パーセントなのかが分かりません。
店頭表示金利は3.0%になっていますので、3.0%で借りている人がいるということでしょう。
そして、最も特徴があるのは初回申込時は必ず18.0%から始まるということです。

限度額が100万円以上であっても利用額が100万円未満であれば、18.0%から金利が適用されるでしょう。
そして、初めて100万円のお金を借りると15.0%になり、その後お金を返しても18.0%にはなることがないとのことでありました。
この金利についてはとても特徴的な設定方法でしょう。

限度額:800万

・審査時間:最短30分

・融資にかかる時間:即日利用可能
※ホームページ(パソコン・スマートフォン・モバイル)からの申し込みの場合、即日利用が可能となります。
その場合は、申し込み後にモビットのフリーダイヤルへ電話が必要です。

・融資条件:年齢20歳以上、69歳以下で本人に安定した収入のある人
かつモビットのキャッシングを借りるための基準を満たす人

なお、アルバイト、派遣社員、パート、自営業による安定した収入がある場合も申し込み可能です。
また、振り込みで即日借入をする場合は、14:50までの振り込み手続き完了が必要になります。

・担保・保証人:不要

・遅延損害金:20.0%(年率)

・収入証明書:必要
※源泉徴収票等の写し、税額通知書の写し、所得証明書の写し、確定申告書の写し、給与明細書の写しなどの収入証明書が必要です。
ただし、給与明細書の場合は、直近の給与明細書2ヵ月分と、賞与支給がある場合は年間の賞与額が確認できる賞与明細が全て必要になります。

モビットのキャッシングの特徴

モビットのキャッシングの特徴

モビットキャッシングの詳細で説明したものをもとに、モビットのキャッシングについての特徴について話をします。
できるだけ、消費者金融の初心者でも分かりやすいように特徴をまとめますので、ほかの消費者金融系のカードローンと比較検討をするときの参考にするといいでしょう。

特徴をおさえることで、各消費者金融のカードローンのいい点などが見えてきますので、モビットのキャッシングの特徴をしっかりと覚えましょう。
モビットのキャッシングは、三井住友銀行グループであることを全面的に出しているわけではありません。

イメージ的にはプロミスとアコムの中間的な存在になっているようです。
そして、モビットのキャッシングは、やはりほかの消費者金融同様に3つの大きな特徴があるでしょう。
そこで、モビットのキャッシングの特徴を、できる限り分かりやすく説明をしますので、消費者金融系のカードローを比較している人は読み進めてください。

モビットのキャッシングは先にも話をしましたが、三井住友銀行グループの金融会社です。
三菱東京UFJ銀行グループのアコムや、新生銀行系のアイフル同様にCMもやっているのですが、全国的な露出度はプロミス同様に控えめなイメージがします。

またモビットのキャッシングは、三井住友銀行のローン自動契約機を利用してカードを発行することができません。
ほかにも、お金を貸した後の残高移動の管理をしっかりと行うことによって、モビットキャッシングの健全性を保っているという、プロミスとは若干方針が違うようです。

アコムの顧客層を意識して、プロミスの方式を取り入れているところがあるため、モビットの方針が分かりにくい顧客もいるでしょう。
そこで、モビットのキャッシングの特徴が具体的にはどういったものなのか見ていきましょう。

モビットのキャッシングの金利に特徴がある

やはり金利については、ほかの消費者金融系のカードローンと同じで、独自性を出しています。
一見しますと、プロミスのキャッシングとモビットのキャッシングは、最低金利、最高金利以外は変わりがないように思われます。

100万円を境に金利が切り替わるのは同じです。
しかし、大きな違いは先にも話をしていますが、利用額が100万円以上の利用があって初めて金利が15.0%になるという点ではないでしょうか。
100万円の限度額で金利が15.0%になるわけではなく、100万円以上の限度額で100万円以上のお金を借りますと、モビットの金利は15.0%になるという点はプロミスと大きく違う点ではないでしょうか。

また、もう一つ特徴があります。
ほかの消費者金融は、問題なく利用をしていくと金利が下がっていきます。
利用状況に延滞などがなく、残高が常に減っていくような利用の仕方をしていると金利が下がっていくのですが、モビットのキャッシングは1回決められた金利は放置しておきますと、永久的にその金利のままなってしまうということです。

これはどういうことかといいますと、初めてモビットを50万円で申し込みをしますと、金利は18.0%で契約がされます。
このあと何の問題もなしに利用をしていきますと、ほかの消費者金融は金利が下がっていくのですが、モビットは18.0%のまま金利が下がりません。

このことをしっかりと覚えておきませんと、最低金利3.0%というものが嘘ではないかとなってしまいます。
では、金利を引き下げるにはどうしたらいいのかということですが、モビットのキャッシングの金利は限度額をあげたときに見直しがされる方式になっているようです。

初めは10万円でモビットのキャッシングの利用申し込みをして、その後に20万円に限度額を引き上げる増額申請をして、審査がおこなわれた結果金利が見直しされます。
さらに、そのあとに50万円に限度額の引き上げ申請をしますと、また審査がおこなわれて金利の見直しがおこなわれるというようになっていますので、利用者側で何度もアクションをおこさないと金利の変更がおこなわれないことでしょう。
この点は、ほかの消費者金融のカードローンと大きく異なる点で、モビットのキャッシングにおける最大の特徴といえるでしょう。

モビットのキャッシングは審査が早い

モビットのキャッシングは、ほかの消費者金融系カードローンと同じで、最短30分で審査が終了するとなっていますので、変わりがないように見えますよね。
しかし実際のところは、ほかの消費者金融と比べて、スピードを重視しているようです。

モビットのキャッシングはプロミスと同じで、インターネットによる申し込み(パソコン、スマホ、携帯電話など)によるほか、電話、郵送、ローン申込機による申し込みになります。
そして、インターネットから申し込みをして、電話でオペレーターにすぐに利用をしたい旨を伝えますと、審査時間が短縮されます。

申し込みの審査のスピードには気を使ってサービスを提供しているのが、モビットのキャッシングではないでしょうか。
実際に申し込みをした人の評判を見てみても、審査が早いということが多くいわれています。
インターネットを利用した申し込みを推進しており、審査もできる限りシステム化が図られているのでしょう。

そのため、審査が効率化されて、結果的に審査時間の短縮が図られ、スピード審査になっているのではないでしょうか。
プロミスのキャッシングは、インターネットでホームページを見てもほかの消費者金融系カードローンと違いが分かりにくいのですが、内容を詳しく調べていくとちょっとしたところで違いが出てくるのがモビットのキャッシングです。

大々的にしないことで、実際の取引をしてもらって、サービスの質を実感してもらおうというのが見えてきます。
消費者金融系カードローンのなかでも、質の高いサービスを提供して、顧客層を増やしていこうというのがモビットの戦略ではないでしょうか。

同じ消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は、安心感を得るために三井住友フィナンシャルグループであることを全面的に打ち出していますが、モビットのキャッシングは安心感というよりは、信頼感を売りにした戦略を取っているように見えます。
また、限度額や金利を見ますと、アコムのキャッシングの顧客層を意識しているのがうかがえます。
したがって、プロミスとアコムの中間の位置にいるようなイメージで商品設定などもしていると考えられます。

モビットのキャッシングは在籍確認がない

モビットのキャッシングで最もありがたい特徴が、在籍確認がないということではないでしょうか。
消費者金融系カードローンの申し込みをしますと、会社に在籍確認がされることをいやがる人は多いのではないでしょうか。
しかし、一般的には在籍確認がおこなわれているのが慣例でしょう。

しかし、このモビットのキャッシングは在籍確認をしない申し込み方法が存在します。
このサービスは、申込者にとってありがたいサービスといえるのではないでしょうか。
モビットのキャッシングを申し込みするには、いくつかの方法があると話を先ほど話をしました。

そのなかで、パソコンかスマホを利用して、インターネットで申し込みをすると在籍確認がされないようです。
WEB完結型の申し込みは原則、在籍確認をしないで審査が最後までいくことがホームページ上で謳われています。
仮審査の内容によっては、在籍確認をおこなう場合もあるようですが、WEB完結型の申し込みは原則在籍確認がおこなわれないでしょう。
この在籍確認がおこなわれないことは大きな特徴であり、顧客にとっても精神的負担が少なく安心して申し込み手続きを進められるのでありがたいですね。
モビットのキャッシングが、いかに自動化されているのがうかがえるサービスではないでしょうか。

モビットのキャッシングの評判

モビットのキャッシングの評判

モビットのキャッシングの評判は、すごく悪い評判といい評判が入り交じっています。
顧客満足などを見ても、決して高い満足度を得ているとはいえないでしょう。
なぜこのように評判が割れているのか疑問に思うのではないでしょうか。

モビットのキャッシングは、アコムの顧客層を取り組もうとしているところがあります。
したがって、全体的に狙う顧客層がお金を借りるときに、意識が薄い顧客層を狙っていると想像ができるでしょう。
もちろん、アコムのキャッシングを利用している人のなかには、計画的に借りている人も多いのですが、それでも多重債務者予備軍になっている顧客もいることは否めません。
そこで、モビットは借りたあとの利用履歴の管理を徹底していることが、色々な情報を検索していくと分かります。

情報を調べて、行き着いたところが返済を計画的にしていない顧客とモビットがみなすと、何の連絡もなしに追加融資を止めてしまうということが、悪評の原因となっているようです。
モビットのキャッシング枠を限度額いっぱいに利用していないのに、いきなり限度額の枠がなくなっているという顧客がいるようですが、このあたりが顧客に不評を買っているところでしょう。

しかし、いきなり追加融資をストップするというのは、利用方法に問題があるからではないと想像がつきますが、一様に毎月の返済は遅れることなく利用している人にも、このようなことをおこなっているという声が聞こえてきます。

なぜ、このようなことがおきるのか利用者は分からないことでしょう。
恐らく、モビットのキャッシングセンターに問い合わせをしても、はっきりとした理由を教えてくれないことでしょう。
では、なぜこのようなことになるのでしょうか?
それは、毎月の返済はしているものの、借入残高が一向に減らないため、利用履歴が逆に悪化してしまったためと想像がつきます。

これは、お金を借りているのが固定化してしまっている証拠で、いつ返済がされなくなってもいい状態であると判断がされるためです。
利用履歴のポイントがあがるのは、お金を借りて、残高が減少していくというのが基本になります。
たとえ延滞をしていなくても、借りたお金が固定化してしまっているということは、逆に信用情報が悪化します。

毎月の返済をしているのになぜなのでしょうか?
それは、毎月の返済はほぼ利息だけの入金になっているからです。
したがって、毎月の返済額以上に自分で管理をして1万円や5,000円などを、モビットのキャッシングに返済をする必要があるということでしょう。

これは、借りる前にしっかりといつまで返済を終わらせるつもりで借りるのかということをしっかりと意識をしませんと、なかなか難しい問題でしょう。
しかし、モビットのキャッシングはこのようなところもしっかりと見て、残高管理を強めにおこなうことで、リスク管理を強化しているということが想像できます。

評判がいいのは、しっかりと返済計画を立てたうえで、利用している人たちに評判が良く、信用情報のスコアリングが高くなっている人には、寛容に取引をしてくれるということが大きな要因ではないでしょうか。

モビットは顧客を振り分けて、優良な顧客だけを残しているという経営戦略を露骨に出している結果、このように両極端の評判が出てくるのでしょう。
このあたりは、いかにも三井住友銀行グループである銀行系のブランドを背負っているという感じがします。

モビットのキャッシングのメリット

モビットのキャッシングのメリット

モビットのキャッシングのメリットは、なんといっても審査の早さと在籍確認がないことでしょう。
即日融資を受けたいときは、ほかの消費者金融同様に朝の9時と同時に申し込みをした方がいいのでしょうが、若干遅くても電話連絡を入れることで、すぐに審査をしてもらえます。

この、電話連絡1本で早く審査をしてくれるというのは、単純な手順ですがとてもありがたいサービスではないでしょうか。
やはり、消費者金融を初めて利用しようと考えている人は、すぐにでも利用したいと思っている人が多いのでしょう。
その、ニーズをしっかりと捉えているといえるといえます。
モビットのキャッシングはほかの消費者金融系カードローンも最短30分と謳っていますものの、利用者はスピード融資を実感している人が多いのは、スピード融資を心がけていないとできないものです。

これは、明らかにモビットのキャッシングの戦略と捉えても問題ないでしょう。
とにかく、早さを売りにしているのがモビットのキャッシングではないでしょうか。
そしてもう一つ重要なことが、在籍確認でしょう。
これも、顧客が口を揃えて危惧をしているものです。

モビットはこのニーズを取り入れ、WEB完結の申し込みをしますと、原則在籍確認をおこなわないことになっています。
しかし、WEB完結の場合でも、信用情報などに登録がされていない顧客などは、在籍確認がされることがあると思いますので気をつけてください。

在籍確認があるときでも、個人名で電話がかかってきますので、あまり気にすることはないとは思いますが、在籍確認がもしかしたらあるということを覚えておきましょう。
一度もお金を借りたことがない人は、信用情報に何の情報もないため、審査をするうえで何の手がかりもありません。
したがって、消費者金融系に申し込みをするときは、逆に不利になることがあるようです。
モビットのキャッシングも同じで、自動審査ができないために在籍確認をするのでしょう。
しかし、一度でもお金を借りたことがあり、問題なく取引が終了している人であれば在籍確認は恐らくされないのではないでしょうか。

モビットのキャッシングは、消費者金融のデメリットである在籍確認と、メリットであるスピード審査ということを売りにして、販路を拡大しようとしているのではないでしょうか。
モビットのキャッシングのメリットは、この二つがあげられますが、WEBを最大限に利用した、サービスで周りに内緒にしたい人にも支持を得ています。

取引明細や、郵送物をなくすことにより周りにモビットのキャッシングを利用していることがわかないようにできるというのは、大きなメリットでしょう。
在籍確認不要というのも、この方針に基づくものではないのでしょうか。

消費者金融を利用していることを、家族にもしられたくないという人もいます。
そのような人には、モビットというのは徹底した情報漏洩を気にしています。
お金を借りたいと思っても、周りにしられたくないという人たちのニーズをしっかりと捉えて、消費者金融系カードローンの顧客層を確実につかみ取ろうとしているのが、モビットのキャッシングでしょう。

同じ有名消費者金融のプロミスはどちらかといいますと、ライト系の消費者金融と見えますが、モビットのキャッシングはハードユーザー向けのカードローンといえるのではないでしょうか。

モビットのキャッシングの注意点

モビットのキャッシングの注意点

モビットのキャッシングの注意点は、金利が申し込み当初から変化がしないということでしょう。
これは、先にも話をしていますが、モビットのキャッシングは申し込みをしたときの金利が、顧客が何のアクションもおこしませんと、引き下がることがないということです。

したがって、モビットのキャッシングを利用するときに、最初の申し込みは利用する予定の最低金額から申し込みすることをお勧めします。
できれば、初めは10万円程度から申し込みをするといいでしょう。
そして、徐々に増額申請をするのがモビットのキャッシングを利用するときの最大の注意点ではないでしょうか。

申し込み限度額の引き上げ申請は、残高を「0」にしたあと数カ月おいて限度額の増額を引き上げるといいのではないでしょうか。
限度額は年収の3分の1になりますので、その範囲まで徐々に引き上げていきましょう。

10万円から20万円へ、20万円から30万円へ、30万円から50万円へと徐々に数年間かけて増額をしていきますと、きっと銀行のカードローンより、いずれは金利の低いカードローンとして、モビットのキャッシングは育つのではないでしょうか。
消費者金融のカードローンは、銀行などのカードローンと違って一度決めた金利が変化していきます。

自分で利用履歴をしっかりと管理して、信用度をあげながらカードローンを育てていくというのが基本的なスタイルでしょう。
そういった意味では、最初は利用しなくても少額で作っておき、借りてはすぐ返すということを繰り返して、利用履歴をいい状態に保つことが重要でしょう。

信用情報のスコアリングをあげたうえで、限度額の増額申請をすると金利が下がってきますので、このシステムを上手に使うといいのではないでしょうか。
なお、気をつけなければいけないことは、クレジットの利用と携帯電話の支払いを絶対に遅れないことです。

また、クレジットカードのキャッシング枠は「0」にしておきましょう。
これは、クレジットカード会社に電話を1本すれば、「0」にすることが可能です。
総量規制で消費者金融系と信販系のカードローンは年収3分の1までと制限されています。

したがって、キャッシングを利用できる枠は1カ所に絞ることで、信用情報のスコアリングをあげることができますので、モビットのキャッシングをお得に利用できる可能性があるでしょう。

消費者系のカードローンを育てるには、利用するところを1カ所に絞り利用した方が限度額を引き上げることによって、金利をお得にして銀行系のカードローンよりお得に利用できるかもしれませんね。

モビットのキャッシングは、最初の申し込みのときに注意をしてなるべく高い限度額で申し込まないようにしましょう。
なお、限度額を引き下げる申請をおこなうときには、審査がされませんので金利の見直しがおこなわれません。

金利を引き下げるには、限度額の引き上げが必要になりますので、最初から限度額をいっぱいに申し込みするのは得策ではないでしょう。
万が一の1枚として持っておきたいときは、計画的に金利を引き下げる努力をしていく必要があります。

モビットのキャッシング審査の内容・厳しさ

モビットのキャッシング審査の内容・厳しさ

モビットのキャッシングは、ほかの消費者金融系カードローンとほぼ同様の審査内容となるでしょう。
もちろん消費者金融の会社ごとに若干の審査基準が異なるでしょうが、基本的には銀行系、信販系のカードローンの審査に落ちた人が最後にいくつくのが消費者金融系のカードローンになるのではないでしょうか。

銀行系は現在の職種や収入、そしてこれからの昇給率、また今までのクレジットの利用履歴などを参考にして、家族状況や持ち家なのか等を多角的に審査をして、カードローンの発行がされるでしょう。
しかし、銀行系でも審査をおこなうのは、保証会社となっている信販系の会社や、消費者金融系の会社等が実際の審査をおこないます。
そして、信販系の場合はクレジットカードは今までのクレジットカードの利用状況を主体として、審査がおこなわれます。

これにキャッシングの機能を追加しますと、収入や返済の可否が審査されてカードが発行されるようです。
モビットのキャッシングのような、消費者金融系のカードローンは、過去のクレジットカードの利用状況よりも、今現在の収入状況などを加味して、お金を貸しても返済が可能と判断された場合にカードを発行してくれます。

ここで、ちょっと注意して欲しいことがあるのですが、同列企業には同時に申し込みをしないように注意をしましょう。
例えば、三井住友銀行のカードローンに申し込みをして、審査が落ちたら、その次に三井住友VISAカードに申し込み、そしてダメならプロミスに申し込み、ダメならモビットへといったように、参加グループが一緒のところにはなるべく申し込まない方がいいのではないでしょうか。

できれば、金融系で新生銀行に申し込みをしたら、楽天クレジットへ申し込み、ダメならモビットに申し込み、それでもダメならアコムに申し込むといったように、保証会社や同列企業などを気にしながらカードローンの申し込みをするといいでしょう。

モビットのキャッシングは、ほかの消費者金融系と審査の厳しさはあまり変わりはないでしょうが、残高管理による取引時のチェックは厳しめかもしれません。
初期審査が緩い分、利用している期間の管理は厳しくするといったところではないでしょうか。

そのかわり、利用の状況により信用度があがっていきますと、限度額の引き上げによりお得にお金を借りることができるようになりますので、まじめに利用をしているとお得なカードとなるでしょう。

消費者金融系は、そのほかの業態と審査基準が違いますので、審査が甘いというわけではなく、基準に沿った審査をおこなって利用基準になる人が多いということになります。
もともとの利用できる人の範囲が広いというのが、モビットのキャッシングを含めた消費者金融系のカードローンとなっています。

今の収入が家族の人数に比例しているのか、ほかのローンを支払ったほかに、キャッシングを返済する余力があるのかが大きなポイントとなるでしょう。
そして、限度額が適正範囲内かという点も重要視するのではないでしょうか。

安定した収入が必要なのは、どの消費者金融系のカードローンも一緒です。
モビットのキャッシングでは、アルバイト、派遣社員、パート、自営業であっても収入があれば申し込み可能です。
配偶者の収入を含めずに、自分自身の収入が大事になります。

そして、その収入に見合った借入限度額で申し込みをしたかどうかというのが重要となるでしょう。
審査が厳しいとか、緩いという分類は決してできず、業態によって審査基準が異なりますので、その基準にいかに自分がマッチしているかが重要となるのではないでしょうか。

金融系なのか、信販系なのか、消費者金融系なのかによって特徴がありますので、その特徴を捉えてカードローンの申し込みをするといいでしょう。
色々なところに申し込みをするよりも、しっかりと内容をチェックしたうえで、詳細を把握したうえで、どこに申し込みをするといいのか決めましょう。

モビットのキャッシングを利用すると決めたら、モビットのキャッシングだけを申し込んで、カードローンを育てながら自分の思った水準になるように、じっくりと利用をしていくといいのではないでしょうか。
審査が厳しいかどうかを考えるよりも、今現状の自分の状態がどうであるかを考えて、借入先の検討をするといいでしょう。

モビットのキャッシング融資を受けるまでの流れ

モビットのキャッシング融資を受けるまでの流れ

モビットのキャッシングの申し込み方法には、やはりほかの消費者金融系のカードローンと同様にいくつかの種類があります。
そこで、即日融資を受けることをメインに考えて、その手順を説明していきます。

モビットのキャッシングの申し込み方法は、インターネット、電話、ローン自動契約機、郵送があるでしょう。
そのなかで、即日融資を受けることが可能で、在籍確認が必要のない、WEB完結の申し込みで申し込みをしたことを想定して、モビットのキャッシングの申し込みをしてから、融資を受けるところまでの流れについて話をします。

申し込みと同時に本人確認書類を同時に提出をします。
なお、本人確認書類が申し込みのときに必要になるでしょう。
本人確認資料とは運転免許証(交付を受けていない人は健康保険証など)になります。

1.モビットのキャッシングの申し込み

モビットのキャッシングで融資を受けるためには、申し込みをする必要があります。
申し込み方法は先に話をしたとおりです。
そこで、申し込みをした当日に融資を受けたいときはパソコンやスマホから申し込み手続きが完了したら、速やかにモビットのキャッシング専用フリーダイヤルに電話をして、当日使用をしたい旨を必ず伝えましょう。
できれば、午前中には申し込み手続きをすませるといいのではないでしょうか。

2.モビットからキャッシングの申し込み確認

モビットではキャッシングをWEB完結の申し込みをしますと、本人確認のための、在籍確認はされません。
最終の本審査まで一気におこなってしまいます。
そのため、お金を借りるまでの時間が短いのでしょう。

3.モビットのキャッシングの本契約

モビットで最終審査が終了すると契約予定の内容をメールで送ってきますので、契約内容の確認をしたあとに、契約同意をするとで契約完了となります。
カード発行もされませんので、契約手続きはこれで終了になります。

4.モビットのキャッシングからお金を借りる

最後にお金を借りる手順になりますが、モビットのキャッシングの契約完了後、WEBから申し込みをしたときに登録をした銀行に振り込みをすることができます。
ここまでの手続きが14時50分までに終了していないと振り込みができなくなりますので、万が一のことを考えて、早めにモビットにキャッシングの申し込みすることをお勧めします。

まとめ

モビットのキャッシングは、同じ有名消費者金融のプロミスと顧客層とかぶらないようにしているのが分かります。
また、評判が二極化しているのは、顧客管理を徹底して、企業としてリスク分散をおこなっている結果といえるのではないでしょうか。

なお、モビットのキャッシングを利用するときには金利を下げる工夫をする必要がありますので、利用申し込みをする段階から有効利用の方法を考えたうえで、申し込みをするといいでしょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

モアマネーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モアマネーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事に関連する情報はこちら

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン|2通りの即日融資で便利に活用!

  • キャッシングに年齢は関係ある?上限と下限が定められている理由と一覧

  • 三井住友銀行のカードローン|最短30分で全国どこでも即日融資!

  • カードローンの返済はどれがお得?5つの方法と最終手段

  • 楽天銀行カードローンは書類不要!主婦に人気5つの理由

  • キャッシング審査に絶対通す!審査の流れと合格のポイント4点