1. TOP
  2. 借りる
  3. カードローン
  4. お金を借りたい時は?知り合いから借りずに済む方法と注意点

お金を借りたい時は?知り合いから借りずに済む方法と注意点

カードローン 借りる この記事は約 7 分で読めます。
お金を借りたいとき

急な出費で大ピンチ。
もう今月は使えるお金がない。
お金を借りたいと思う場面はやってきます。

しかしお金を借りたいと思っても、どんな方法があるのか?
ご存知ない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回はお金を借りる方法から、そのときの注意点まで紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

知り合いからお金を借りるのは難しい

知り合いからお金を借りるのは難しい

お金を借りたいと思ったとき、人に直接借りる方法を思いつく方もいるかと思います。
もちろんまったく知らない人からは借りれないので、家族や友達など知り合いから借りたいはずです。
ただ、知り合いからお金を借りるのは、借りることそのものも難しいですが、借りた後にも響く可能性があります。

あなたが知り合いから「お金を借りたい」と言われた場合を、想像してみてください。
素直に貸せますか?その中には葛藤があると思います。
貸したお金がちゃんと帰ってくるのか心配。
でも知り合いの頼みだから断りにくい。
貸すにしても、このような葛藤を抱えながらお金を貸すことになるでしょう。

そして貸した後、その人と会うたびにお金のことが頭をよぎるはずです。
特に返済してもらう期限を決めていない場合、いつ返してもらえるんだろうという心配が、頭に浮かんできます。
かといって知り合いなので、自分から返してとは言いづらいです。

そういった葛藤や、面倒くささが貸した側の負担になり、知り合いの関係が切れてしまう可能性があります。
お金の切れ目は縁の切れ目とよく言いますが、それぐらい、人どうしでお金の貸し借りをすることは、精神的な負担が伴います。

それに意外と貸した側の方が、お金を貸したという事実をずっと覚えています。
逆に貸してもらった側はあまり覚えていません。
このギャップが、金銭にまつわるトラブルを生み、縁までもが切れてしまう原因になるのです。

借りたい側は、「知り合いなんだからお金を借りてもいいじゃん」と思っているかもしれませんが、貸す側は、様々な葛藤を抱えながら、仕方なく貸している場合がほとんどです。
精神的な負担も貸す側の方が大きいです。

そのため人に迷惑をかけるという意味でも、お金を借りたいと思っても、知り合いからお金を借りるのはおすすめしません。
それよりも、利息分を支払うことを条件に企業からお金を借りる方が、貸す側も貸してもらう側も公平です。

借りたい側は、今すぐに現金を得る。
そして貸す側の企業は、毎月の返済額に利息を上乗せした額を払ってもらう。
どちらも納得のいく取引ができます。

人どうしお互いの信用を築くには時間がかかります。
しかし、その信用を減らすのは簡単です。
特にお金に関することで、人は簡単に信用をなくしてしまいます。
そのためお金を借りたいのであれば、企業からお金を借りるキャッシングという方法をとり、自己責任で返済していった方が、知り合いとの関係構築に必要な信用を失くさずにに済みます。

キャッシングは怖いものではない

キャッシングは怖いものではない

キャッシングと聞くと、借金取りに追い立てられるようなイメージを持つ人もいるでしょう。
そのため、キャッシングからお金を借りたいとは思えない人も少なくありません。
確かに昔のテレビなどで、そういったシーンが取り上げられ、お金を借りること=怖いというイメージがついたのも納得できます。

しかし、テレビの中こそフィクションの世界です。
現実ではキャッシングを行っている人は多く、日本信用情報機構のデータによると、平成28年6月末現在キャッシングを使用したことがある人は、1,078万人以上にのぼるといわれています。
それだけキャッシングからお金を借りたい人は多いのです。

日本の人口と比べると、10人1人が利用していることになります。
さらにキャッシングは20歳以上からしか申し込めない場合がほとんどなので、キャッシングを利用できる年齢の人を対象にすると、7人1人が利用している計算になります。

この数字からもわかる通り、キャッシングも今では当たり前になっています。
結局キャッシングも、もとをたどればお金を借りるという行為です。
当たり前のように利用している、教育ローンや奨学金、住宅ローンや車のローンと変わりません。

そのため信用を失うかもしれないリスクを犯して、知り合いに借りるよりも、キャッシングを利用してお金を借りる方が、人を介さない分、よりリスクが低いといえます。
お金を借りたいと思った際には、上記の理由からキャッシングを使う事をお勧めしますよ。

お金を借りたいときの注意点

お金を借りたいときの注意点

キャッシングを利用してお金を借りたいとしても、事前の注意は必要です。
そこで、お金を借りたいと思ったときの注意点について紹介していきます。

借り入れ先を見極める

お金を借りたいと思った際、まずはどこから借り入れを行うか、決めねばなりません。
キャッシングするといっても、消費者金融から銀行、さらにクレジットカード会社まで様々です。
消費者金融とは、CMでよく見かける会社です。
「ご利用は計画的に」という文字が出てくれば、それは消費者金融にあたります。

消費者金融の特徴としては、お金を借りられるまでのスピードが速いということです。
宣伝文句として即日融資という言葉を聞きますが、まさにその通り。
お金を借りたいと思ったら、インターネットから申し込み、無人契約機を利用すれば、その日のうちにキャッシュカードが手に入ります。

また事前の申し出で、銀行に直接お金を降り振り込んでもらえる場合があり、すぐにでも借りたいという方にとっては、非常に便利です。
ただ銀行系と比べ、2%~3%ほど金利が高いといったデメリットがあります。

次に銀行でのキャッシングは、消費者金融と比べると金利が安く、借りられる限度額が大きいといった特徴があります。
ただその分審査が厳しく時間がかかるため、すぐお金を借りたい方には向きません。

最後クレジットカードの場合、手元にクレジットカードがあれば、キャッシング枠を使い、今すぐにでもお金を借りることができます。
通常クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が存在しますが、現金を借りる場合キャッシング枠の範囲内でお金を借りることになります。
銀行のATMを利用すれば、すぐにでもお金を借りることができるでしょう。

ただ現在クレジットカードを持っていない、もしくはキャッシング枠がないのであれば、新たに作る必要も出てきます。
そうなると、申し込んでから一週間以上かかってしまうため、すぐにお金を借りたいという方には向きません。

このようにキャッシングを利用してお金を借りたいと思っても、借りる先が分かれているため、まずはどこで借りたいのか、見極めなければなりません。

返済の目処が立つ金額を借りる

キャッシングを申し込むと、限度額というものが設定されると思います。
この限度額を見て、ここまで借りられると安心する方もいますが、あくまでも自分が返済できる金額を基準にお金を借りましょう。
限度額を基準にしてはダメです。
限度額に目が向くと、お金を借りたいだけ借りてしまうため、必要以上にお金を借りてしまいます。

まだまだ限度額に余裕があるからと、本当は必要のないお金まで借りてしまう恐れがあります。
そのため、あくまでも自分が返済できる金額、もしくは本当に必要なお金を基準に借りましょう。

 

この記事を読んだ方には、こちらもお勧めです。

まとめ

どうしてもお金を借りたいと思ったとき、知り合いから借りるのは得策と言えません。
ただキャッシングであれば、信用を失うリスクを犯すことなく、強い味方になってくれます。
されど計画的に借りることは重要になってくるため、あくまでも返済できる範囲でお金を借りましょう。
お金を借りたいと思うのであれば、相応の覚悟をもって計画的に借りるようにしてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

モアマネーの注目記事を受け取ろう

お金を借りたいとき

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モアマネーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事に関連する情報はこちら

  • クレジットカードでのキャッシングは要注意!気をつけたい5つのポイント

  • 闇金との違いは何?ソフト闇金は本当に安全なのか!?

  • 本当のサラ金とは?闇金や街金との違いをやさしく解説

  • 本当に厳しいの?借金の取り立ての実際と10の禁止事項

  • グレーゾーン金利は過払い金請求可能?知っておきたい3つのポイント

  • 自営業でもカードローンは可能?審査の内容と赤字でも借りれる裏ワザ