1. TOP
  2. 借りる
  3. カードローン
  4. カードローンの借り換えで最も注意することは金利ではない!

カードローンの借り換えで最も注意することは金利ではない!

カードローン 借りる この記事は約 8 分で読めます。

カードローンの借り換えについて検討をしている人がいるのではないでしょうか。
月々の返済を見ると1口座につき1万円程度なのですが、3社、4社から借りると3万円、4万円となることでしょう。

そこで、借りているお金を1社にまとめて返済を1本化にする、カードローンの借り換えを検討すると返済が楽になります
カードローンの借り換えとはどのようにするのかまとめました。

Sponsored Link

カードローンの借り換えって何?

カードローンの借り換えとは?

カードローンの借り換えとは一体どういうことなのでしょうか?
複数の金融業者からカードローンを借りていて、総借入残高は100万円未満なのですが、返済額が約5万円にもなるという人もいることでしょう。
通常1本の借り入れですと、2万円程度で返済が済みますが、これが複数から借りると返済金額が膨らみ生活が大変になることがあります。

これをカードローンの借り換えをすることで、毎月の返済を楽にしようというものです。
毎月の返済を楽に使用と考えるときに、利息を気にする人がいるのですが、本当に生活を圧迫しているのは利息や利率でしょうか?ここのところをしっかりと考えてみましょう。

損をして得を得るということがあります。
金利では損をしますが、毎月の返済額を見ると楽になるということが生活で求められていることではないですか?カードローンの借り換えとは、返済額を減らすということを最大の目的としたものでしょう。

そして、借り入れを1先に絞ることで管理をしやすくして、延滞をしないようにすることがなによりも優先することなのではないでしょうか。
意外とこの点を勘違いしている人がいるようですので、カードローンの借り換えで求められるものは何なのか、しっかりと考えてみましょう。
また、どうしたら月々の生活が楽になるのか考えたうえで検討してみることをお勧めします。

カードローンの借り換えをするメリット

カードローンの借り換えをするメリット

次にカードローンの借り換えによるメリットの話をしていきます。
カードローンの借り換えによる最大のメリットは、毎月の返済額の減少でしょう。
もちろん、金利の高いところから金利の低い会社にカードローンを借り換えるということもあります。
この場合は、1社のローンを金利の低い別の金融業者に借り換えをする方法になるでしょう。

この場合は、新たにカードローンの口座を開設する必要がありますので、現在借りていお金より同額以上でカードローンの限度額を設定しなければいけないでしょう。
この審査に通過しませんと、カードローンの借り換えは成立しません。

ここで、少ない限度額で承認された場合に一部を金利の安いカードローンにして、高金利のカードローンの残高を残したままにする人がいるようです。
金利で見ると得をしているように見えるのですが、この行為が生活を苦しくする原因になるでしょう。

目先の金利にとらわれて、月々の返済額をおろそかにすると再びお金を借りなければいけないときがきてしまいます。
そうなりますと、借金が膨らみまた次の借金を作ってしまうという悪循環になってしまいます。

そうならないためにも、カードローンは1社から借りることをお勧めします。
3社、4社から借りると月々の返済だけでも大変になることでしょう。
これを、1本にまとめるのが最大のメリットになるでしょう。
このときは、金利を気にすることなく月々の返済額だけを考えるといいのではないでしょうか。

金利のことをいうのは本末転倒になってしまいます。
生活に余裕が出たら、貯蓄にまわして借金をまとめて返済してしまいましょう。
早期返済をすることで、高金利でも利息が結果的にはお得になることがあるでしょう。

カードローン借り換えでの金利について

カードローン借り換えの金利

カードローンの借り換えで金利の考え方についてはすでに話をしました。
しかし、重要な考え方ですので、もう少しおさらいをしておきたいと思います。
1先のカードローンを借り換えするときは金利の低いカードローンに変更した方がお得になるでしょう。

しかし、ここで重要な注意事項があります。
それは、先にも話をしましたが、カードローンを借り換えするときには現在使用している残高以上の限度額でカードローンを作成できなければ意味がないということです。
そのうえで新たにカードローンを作るかどうか最終判断をしましょう。

新たに作成したカードローンが、現在借りているお金の残高以上に限度額が設定されたのであれば、新しいカードローンでお金を借りて、現在借りているお金を全額返済してしまいしましょう。

そして、金利の高いカードローンは解約をしてしまうことをお勧めします。
そうすることによって、信用情報もランクが上がりますし、新たにお金を借りることができないので考えていたとおりの目的が達成できることでしょう。

これを中途半端な限度額でカードローンを開設してしまいますと、返済が大変になる可能性が出てきてしまいます。
こうなっては、金利が低い高いの問題ではなくなります。
また、複数社から借りているカードローンを借り換えるときは、おまとめローンにするのが一般的です。

このときは金利が高くなることは想定しておきましょう。
決して低い金利で借りることを望んではうまくいかないのではないでしょうか。
利を考えるのではなく、月々の返済をいかに少なくできるのか考えるといいでしょう。

カードローン借り換えの流れ

カードローン借り換えの流れ

次にカードローンの借り換えの流れについて話をしていきます。
流れを順番に説明をすると次の通りになります。

①借り換える先の検討
②借り換えする先に申し込み
③借り入れの承認が可決
④全額返済する日と返済額を現在借り入れしているところに問い合わせ
⑤借り入れたお金を直接お金を借りている会社に送金

上記のように、お金が手元にこないでカードローンを返済してしまうというのが通常の流れでしょう。
そして、全額返済をしたら直ちに現在利用しているカードローンは解約の手続きが必要になります
上記の方法で新たにカードローンを開設して、新たにお金を借りようと考える人もいるようですが、カードローンの借り換えするときは⑤の手順によりお金を借りている会社に直接送金をするため、手元にお金は入ってきませんので、新たにお金を借りることはできません。

これは、複数の金融業者からカードローンを借りているときの話になります。
金利の高いところから、金利の低いところへ借り換えをする流れについてはすでに話をしています。
新しいカードローンでお金を借りて、現在利用しているカードローンを全額返済したあとに、金利の高いカードローンを解約するという流れになるでしょう。

カードローン借り換えの注意点

 

カードローン借り換えの注意点

カードローンの借り換えの注意点もすでに話を所々でしていますので、もうここまで話を読み進めてきた人はなんとなくお分かりではないでしょうか。
注意点は金利にこだわることなく、返済額に注意をすることでしょう。

そして、今まで利用していたカードローンは、カードローン借り換え後には解約をして、利用をできなくすることが重要です
また、月々の返済が楽になったからといって、すべても生活費にまわすのではなく余ったお金はできるだけ貯蓄にまわしてしましましょう。

貯蓄にまわしたお金が、カードローンを借り換えた借金の残高になったら一括して返済をしてしまうといいのではないでしょうか。
カードローンの借り換えで、金利を気にする人がいますが、カードローンの借り換えでは金利は二の次になります。

また、信用情報があまりにも悪いと判断された場合はおまとめローンの審査が通らないことがあるようです。
このときは、金融系のおまとめローンではなく、消費者金融系のおまとめローンに申し込んでみましょう。
おまとめローンの場合は、総量規制にひっかかることなく、お金を借りることが可能になります。

金融系で借りられなかった場合は、審査の通過できなかった金融系の保証会社になっていない消費者金融におまとめローンの申し込みをしてみましょう。

 

この記事を読んだ方には、こちらもお勧めです。

まとめ

カードローンの借り換えで一番間違えやすいことは、金利にこだわることでしょう。
カードローンを借り換える理由は生活が苦しいからではないでしょうか。
カードローンやおまとめローンを検討しているときに、いつのまにかカードローンの借り換えの目的がすり替わる人がいるようです。
月々の返済が楽になることを最優先にして借り換えの検討しましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

モアマネーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モアマネーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事に関連する情報はこちら

  • モビットのキャッシング|カードローンを自分で育ててお得に使う!

  • 銀行と違うノンバンクとは?融資の金利や注意点を把握しよう

  • 楽天銀行カードローンは書類不要!主婦に人気5つの理由

  • 自営業でもカードローンは可能?審査の内容と赤字でも借りれる裏ワザ

  • アイフルのカードローンキャッシングが銀行系に引けを取らない理由

  • 1発で受かる!カードローンの審査に通る秘訣を伝授